伊香保温泉で深夜営業している唯一の入浴場。観光にも最適で露天風呂もあります。黄金の湯を引いているので本物の温泉感を思う存分味わえます

こんにちはカピまろです! 毎週月曜日の夜に新しい記事を投稿しています。

今日は群馬県の伊香保温泉にある黄金の湯(こがねのゆ)に行ってきました

伊香保温泉の黄金の湯とは

伊香保温泉の入り口にある伊香保グランドホテルに併設している日帰り温泉施設です。伊香保グランドホテルに宿泊していれば無料て利用できます。
おうごんのゆと読みがちですがこがねのゆです。伊香保温泉の日帰り浴場は、ほとんどが夕方には閉まってしまうんてすね‥ここはすごいです!!なんと10時〜24時までやってるんですね〜日によっては26時までやってるんですよ。日帰り温泉が好きなカピまろにとっては貴重なんです。

入館料は?

入館料(ご入浴されなくても入館料はかかります)
【受付 10:00~15:00】
大人(中学生以上)680円
小人(3歳以上小学生以下)400円
【受付 15:00~23:00】
大人(中学生以上)980円
小人(3歳以上小学生以下)600円
【深夜割増料金(24:00以降滞在)】※深夜特別営業日のみ
大人(中学生以上)1,500円
小人(3歳以上小学生以下)750円
※料金は全て消費税、入湯税込となります。
入館料は高めで大人が680〜1500円ですが色々なイベントをやっていて人気のイベントは黄金の日と風呂の日です。

黄金の日とは

入館料が一律680円+レストランで食事をすればコーヒーサービス

風呂の日とは

26日(風呂の日)はスタンプ3倍
スタンプカードも素晴らしい
スタンプカードは1回行けば1個貯まって5個貯まれば1回無料になります。風呂の日に行ってもそんなに混んでないので平日なら風呂の日がオススメです

伊香保温泉の泉質ついて

伊香保には黄金の湯(こがねのゆ)と白金の湯(しろがねの湯)の二種類があり、ここは黄金の湯を引いてます。黄金の湯は茶褐色の色です。鉄分が酸化した色で黄金の色をしています。非常に刺激が少ない湯なので子宝の湯と呼ばれています
白銀の湯は近年湧いた湯で1分間に110リットルという豊富な湯量で無色透明なので名付けられました。温泉の効能は黄金の湯の方がかなり多いですね。カピまろは黄金の湯の方が好きですね〜色がついてるので温泉に入ってるな〜って感じがします。なんだそりゃ(笑)

露天風呂にペンギンがいる

ちなみに露天風呂にペンギンの置物があるんですが‥なぜペンギンがいるのか館内に書いてありました
昭和32年に南極大陸へ初めて日本人による越冬隊が編成されたそうです。それによってキャッチフレーズでペンギン風呂と命名したからなんですね。みなさんも露天風呂に入ったらペンギンがいるかどうか見てみて下さい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です