絶対行きたい伊香保温泉周辺の観光地ランキング

こんにちはカピまろです!

群馬県で絶対行きたい人気の温泉地一覧に戻る
👑第1位👑

伊香保グリーン牧場

乗馬やバター作り体験・シープドッグショー・パターゴルフ・アーチェリーなどがあり、ひつじ・ヤギ・うさぎと触れ合える牧場です。
群馬県渋川市にある牧場。榛名山のふもとに位置する観光牧場で、1970年(昭和45年)10月に開業した。場内では乳搾りなどを体験できるほか、美術館のハラ ミュージアム アーク、各種スポーツ施設などがある。伊香保温泉の温泉街にもほど近い

乗馬体験

来場者の3割が「やってみたい!」と訪れるほど人気なのが、乗馬体験。スタッフが横に付いているので、初めての方も安心して挑戦できます。そっとふれたときのぬくもり、大きくてやさしいひとみ。コースを一周する前と後ではぜんぜん気持ちが違うはず。馬の背に揺られながら日常では味わえない風景を味わってみよう!

開催場所
ホースパーク
【土・日・祝日】10:00頃~15:00頃
【平日】10:30頃~14:00頃
※天候、馬のコンディション等により、営業を中止または時間の変更をする場合がございます。
料  金
1周 1,000円~

シープドッグショー

日本一のスケールを誇る本場ニュージーランド仕込みのシープドッグショー。放牧された羊たちを、牧羊犬が羊飼いのホイッスルの指示で吠えて走って羊たちを追いこみます。山の斜面を猛ダッシュで駆けおりる羊の大群は圧巻!後半は、鋭い目つきで威嚇しながら羊たちを障害物突破させるシープドッグトライアル。思い通りに羊たちをコントロールする牧羊犬の活躍をご覧ください。


開催場所
シープドッグショー会場
通常の開催時間
【土・日・祝日】10:00~/11:30~/13:30~/15:00~
【平日】11:30~/13:30~
料金
お一人様300円

こうしのほにゅう体験

「うしハウス」では、「こうしのほにゅう体験」として、うしの赤ちゃんにほにゅう瓶でミルクをあげることができます。ミルクをおねだりするこうしとふれあえる、ほかではなかなかできない貴重な体験です。こうしのお母さん気分を味わいましょう!

開催場所
うしハウス
開催時間
【土・日・祝日】11:00~11:30、12:30~13:00、14:30~15:00
【平日】11:00~11:30、12:30~13:00、14:30~15:00

パターゴルフ

大自然に抱かれた牧場のすがすがしい空気の中で、気持ちよく体を動かせるのが魅力。しかも、天然芝による充実の18ホールです。お父さんや彼氏がじまんの腕を披露したかと思えば、子どもの方が意外に上手だったり。いつも楽しい笑い声がこだましています。

開催場所
パターゴルフ場
開催時間
9:00~15:30
料金
お一人様:1,000円(18ホール)

ひつじ・やぎへ餌やり

動物たちのおやつ(生野菜)は、レストランでも使っている、人が口にするのと同じ野菜です。ちゃんとしたものを責任もって提供する。こんなところにも私たちのポリシー「アニマルウェア=動物福祉」の思いが込められています。

開催場所
どうぶつふれあいパーク
動物たちのおやつ
生野菜・300円

うさんぽ

天候に左右されずに動物たちとのふれあいができるのが、ふれあいハウス。うさんぽは、いつも、ここで行っています。雨の日は、ひつじとやぎのおさんぽも、ふれあいハウスで体験できます。

開催場所
ふれあいハウス
開催時間(受付け時間)
【土・日・祝日】10:00~15:30
【平日】10:30~12:00、13:30~15:00
料金
15分 500円

バーベキュー

牧場のランチといえば、やっぱりバーベキュー。家族や仲間と鉄板を囲みワイワイ盛り上がりましょう!バーベキューハウスは1970年のオープン時につくった一番歴史のあるレストラン。お天気が良ければ屋外で風を感じながら楽しんで。団体は350人まで対応できます。

料金
上州牛肉コースorラム肉コースと入場料がセットになったとってもお得な「セット券」の販売をおこなっております。
お求めは入場券売場窓口まで。ゴールデンウィーク期間中は販売を中止いたします。

営業時間9:00~16:00

👑第2位👑

水沢うどん街道

水沢うどん(みずさわうどん)とは、群馬県渋川市伊香保町水沢付近で名物料理とされるうどんである。
諸説あるが讃岐うどん・稲庭うどんと並んで、日本三大うどんの一つとされる
水沢うどんは、水澤寺(水澤観音)付近で参拝客向けに提供されたことが始まりとされる手打ちうどんである。

麺は若干細めでコシと弾力があり、ところどころ透き通るつるつるした白い麺である。冷たいざるうどんで提供される場合が多い。つけ汁は、しょうゆだれやゴマだれなど、店によって異なる。

麺は、コネ・伸ばしと寝かせを繰り返し、切って麺にしたあと乾燥させたものをお土産用として販売している。また、群馬や関東一帯では、パック詰めの冷蔵生麺が、一般的なスーパーでも販売されている。

👑

オススメの店

👑

大澤屋

水沢うどんの特徴である、こしの強さとのど越しの良さを最良に味わえるのが「ざるうどん」です。通年、「ざるうどん」でお召し上がりいただくことをおすすめしています。夏の暑い日に冷たい「ざるうどん」はもちろん美味しいですが、冬でも「ざるうどん」をお召し上がりいただけるよう、お食事処を床暖房で暖かくしております。

大澤屋では職人手作りの三角形の竹ざるにうどんを盛っています。中央が盛り上がっている形状により、水切りが良く、麺の絡みが少なくなります。

舞茸について
大澤屋の舞茸は契約栽培で作られています。天ぷらで美味しく召し上がっていただける様に水分量を調節し、香りが強く、味が濃く、肉厚な舞茸を使用しています。サクッとした食感の「舞茸天ぷら」はたくさんのお客様からご好評いただいております。
大澤屋第一店舗
【営業時間】10時00分~16時00分
【定休日】第1・第3木曜日(※変動があります。)
【電話】0279-72-3295
【住所】群馬県渋川市伊香保町水沢125-1
※全館禁煙となっております。
大澤屋第二店舗
【営業時間】9時30分~16時30分
【定休日】第1・第3水曜日(※変動があります。)
【電話】0279-72-5566
【住所】群馬県渋川市伊香保町水沢198
※全館禁煙となっております。

田丸屋

当店は全国でも数少ない「うどん」の専門店として創業天正十年より代々、水澤観世音の門前に店を構え、「水沢うどん」の元祖ならびに
「水沢うどん」の大本家として、唯ひたすら昔ながらの伝統と技法を用いて
「麺とつゆ」にこだわり続けてまいりました。

麺は厳選した小麦粉と水沢の水に天然塩のみを使用しています。
出汁は利尻昆布、羅臼昆布、真昆布を季節や気候によって使い分け、
熟成された本枯れの鰹節、鮪節などを使用し、
濃厚でも雑味の少ない味を目指しています。

住所:群馬県渋川市伊香保町水沢206-1
定休日:年中無休
客席数 : 200席 個室4室(要予約・有料)
営業時間 : 9:00〜15:30 売り切れ次第終了
電話:0279-72-3019 FAX:0279-72-3003

👑第3位👑

渋川スカイランドパーク

伊香保温泉にほど近く、標高460mの高台にある眺望抜群の遊園地。高さ50mの観覧車はなまるからは,関東平野が一望できる
〒377-0027 群馬県渋川市金井2843-3

営業期間 営業時間:3月~10月 9:00~17:00 11月~2月は10:00~16:00

休園日:火 11月~2月 (祝日の場合は翌日休)、12/31・元日は休園。その他天候不良等により臨時休園あり。

料金:大人:大人 500円/入園料、1DAYパス(入園料+のりもの料金込みのフリーパス)は3月~10月1,700円、11月~2月1,500円
子供:子供 300円/入園料、1DAYパス(入園料+のりもの料金込みのフリーパス)は3月~10月1,500円、11月~2月1,300円 ※「こどもは3歳~中学生

👑第4位👑

河鹿橋


伊香保温泉の湯元付近にある「河鹿橋」は、毎年秋になると紅葉が楽しめる名所となっています。紅葉の時期に併せてライトアップを行いますので、日中と夜とで雰囲気が大きく変わる紅葉をお楽しみ下さい。
期間(2017年の場合)
平成29年10月24日(火)から11月19日(日)

点灯時間
16時30分から22時30分(予定)

諸注意
駐車場についての注意
河鹿橋たもとの駐車場は、駐車台数に限りがございます。お車でお越しの際 は、なるべくロープウェイ横の「市営物聞駐車場」(有料)、または「徳冨蘆花 記念文学館」の駐車場(有料)をご利用願います。尚、大型車両は進入できませんので、ご注意下さい。

中止についての注意
天候等の都合により、予告なく中止する場合もございますので、ご了承ください。

住所:〒377-0102 群馬県渋川市伊香保町伊香保590

👑第5位👑

石段街



大切な人と過ごす、かけがえのない伊香保時間
湯治場として有名な伊香保の歴史は古く、たくさんの温泉客でにぎわってきました。そのシンボルとして知られているのが天をめざしてどこまでものびているような石段です。今ではその数365段!そこには歴史を感じさせる風情が漂っています。

石段は伊香保のシンボル。石段をはさんでお土産物屋や饅頭屋、遊戯場が並び温泉情緒もたっぷりの佇まいで観光客の旅情をそそります。
400年前にさかのぼる伊香保温泉の始まり、このときに石段は作られました。今の石段は昭和55年から5年をかけて大改修されたもので、みかげ石が敷かれています。

古くから親しまれている伊香保温泉では、2010年に石段を新設して365段になりました。広場や温泉水が流れる「湯滝」なども設けられ、今までよりもいっそう親しみやすい伊香保の名物となりました。この石段には「温泉街が1年365日、にぎわうようになってほしい」という繁栄の願いが込められています。

元祖!温泉饅頭

みなさんは温泉饅頭と聞いてどんなお饅頭を想像しますか?茶色くて、つやつやのなんとも美味しそうな見た目をしています。日本全国の温泉場では、ほとんど必ずといっていいほど目にする温泉饅頭。あの茶色い温泉饅頭は実はここ伊香保温泉が発祥の地なんです!伊香保の湯の花まんじゅうは天皇家への献上品に選ばれたのがきっかけで全国に知れ渡るようになりました。

石段街の温泉スポット

石段を登って疲れた足にうれしい、気軽に足湯を楽しむことが出来ます。また近くには昔石段に使われていた石を敷石に使った石段の湯もあり、足湯じゃ満足できない!という方におすすめです!

小満口

小満口<こまぐち>とは湯元から流れる源泉を分岐させているものです。石段街には全部で四つの小満口があり、温泉が中を流れていく様子を見ることが出来ます。

大人も子供も楽しめる遊戯場

石段街には射的などの遊戯場があります。温泉街といえばやっぱりこれですよね!昔は何十軒という射的場があり、観光のお客様に親しまれていました。伊香保に来た際にはぜひお立ち寄りください。家族みんなで楽しめます。

石段に刻まれた詩

歌人・詩人としてしられる与謝野晶子の詩が刻まれています。こちらもぜひ干支と一緒に探してみてください。なんとも風情があり、旅情を盛り上げてくれます。

※全てウィキペディアや公式ホームページより引用

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です