秋に人気の花セントポーリアについて育て方を紹介します。種類豊富で成長すると綺麗です!

こんにちはカピまろです!

可憐で気品あふれる花を咲かせてくれるセントポーリアについて紹介します。

特徴

温度管理をキチンとすれば1年中花を咲かせてくれる多年草です。1970年頃に大ブームを巻き起こし現在まで親しまれている人気の花です。品種の多さも魅力の1つです。

育て方

あまり寒さに強くないので室内で育てましょう。10度以上になる環境で育てます。暑さにも強くないので夏は涼しい所で育てます。直射日光も好きではないのでレースカーテン越しの窓辺に置きましょう。もしくは涼しい玄関がオススメです。あまり日光を当てなくても元気に育ってくれます。肥料は効きが早いハイポネックスなどの液肥がオススメです。花がら摘みはこまめに行いましょう。

栽培難易度(5段階)

★★★★
寒さにも暑さにも弱いので難しいです。

好きな土

市販の専用培養土を使いましょう。

水やり

乾燥気味に与えましょう。3日〜4日に1度あげれば十分です。

植え替え時期

1年に1度は行います。6月の中旬〜下旬が良いでしょう

増やし方

挿し芽で増やします。

つきやすい病害虫

アブラムシがつきやすいのでハイポネックスの殺虫剤入りのを撒くと良いでしょう。夏には高温多湿になるとホコリダニの被害にあいやすいので注意です。

なりやすい病気

灰カビ病

風通しが悪い環境で育てるとなりやすいです。花がら摘みをこまめにしましょう。湿度が高いとなりやすいので注意です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です