秋冬に人気の花ポインセチアについて育て方を紹介します。種類豊富で成長すると綺麗です!

こんにちはカピまろです!

来月にはクリスマスですね。今回はクリスマスフラワーとも呼ばれるポインセチアについて紹介します。冬の間中楽しめてくれます。2月頃までは楽しめますよ。

特徴

冬を代表する観葉植物です。冬になると沢山のポインセチアが花コーナーに並びます。大きさも様々で300円〜1000円程の物が出回ります。真っ赤な葉っぱがクリスマスっぽくて陽気な気分にさせてくれます。鮮やかな赤色は気分を高めてくれますよ。

栽培難易度(5段階)

★★★
難しいです。暑さにも寒さにも弱いので上手に育てないと赤くならなかったり枯れてしまったりします。上手くすれば何年も育てられますが大概は3ヶ月程で枯れてしまいます。

育て方

寒さに弱いので室内で育てます。10度以上になる所にしましょう。短日性の植物なので日に当てすぎても良くありません。暖かい出窓に置いて厚いカーテンをして夜は光に当てないようにしましょう。夜に光に当てると葉が緑色になってしまう可能性があります。

短日処理

クリスマスの時期に葉を赤くするのは意図的に日の当たる時間を短くする必要があります。ダンボールをかぶせたりして調節しましょう。9月になったら17時〜20時頃まで光を当てないようにします。

水やり

毎日やらなくて大丈夫です。乾燥気味に育てましょう。

好きな土

市販の培養土で大丈夫です。

増やし方

挿し芽で増やします

剪定の際の注意事項

剪定すると白い樹液が出ます。これは毒で皮膚が弱いとかぶれたりする可能性があります。触らないようにしましょう。

つきやすい病害虫

カイガラムシやアブラムシ
風通しの良い所で育てて液肥をあげる際には殺虫剤入りのをあげましょう。見つけたら薬剤で駆除したり歯ブラシでこすり落としましょう。。水やりの際に葉っぱに霧吹きで水をかけても予防出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です