秋冬に人気の庭木キンモクセイについて育て方を紹介します。種類豊富で成長すると綺麗です!

この時期に外を散歩していると柑橘系の良い匂いがしてきますね。

たいがいはキンモクセイの匂いであることが多いです。今日は昔から愛されているキンモクセイについて紹介します。

栽培難易度


それほど難しくありません。日陰でも育ちやすいです。

寒さには弱いと聞きますが…群馬県の庭先でもよく見るので、それほど気にしなくても大丈夫だと思います。

マイナス10度くらいまでは耐えられます

特徴

高さは5メートル以上になることがあるので邪魔にならない所に植えましょう。

開花時期

9月〜10月です。
四季咲きの種類もあるのでオススメです。ただ1週間しか開花する時期がないのが残念ですね…はかない花です

水やり

乾燥には弱いですが特に水やりしなくても育ちます。

剪定時期

放っておくと、どんどん大きくなるので必要です。

自分の好きな大きさに剪定しましょう。4月くらいの暖かくなってきた時期がオススメです。
邪魔な枝・病気になった枝を、どんどん切りましょう。

肥料のあげる時期

2月頃に撒きます。

なりやすい病気

炭素病

葉が変色してしまいます

つきやすい害虫

カイガラムシ

ついたらカイガラムシ退治スプレーを撒くか歯ブラシでこすり落としましょう

好きな土

黒土と牛糞を混ぜたのを使いましょう

植え替え

3年に1度はしたほうが良いですが…してる人は居ないですよね(笑)

 

 

 

このページに書いてある事で被害にあわれても一切の保証は出来ないので、ご了承下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)