開運の必需品!印鑑を作る際の素材の選び方をホームセンター社員が教えます!耐久性にこだわる人にも

印鑑の素材といっても色々ありまして、それぞれに特徴があります。

今回は代表的な素材である柘、黒水牛、象牙に加えて様々な素材の特徴をまとめてみました。

コスパナンバー1の柘


安くて丈夫といえば柘です。4000円くらいから買えるので、とてもリーズナブルに買えます。

そろばんの玉などにも使われていて昔から使われている素材です。

一般的な印材といえば黒水牛


その名の通り水牛の角から出来ていています。とても丈夫で朱肉の付きも良いです。

クールな黒い輝きは、とても格好良いです!

昔から愛される高級印材である象牙


印鑑といえば象牙というくらいの代表的な素材です。

印鑑の王様とも呼ばれる高級感あふれる素材です。

現在ワシントン条約により日本には輸入出来ないので、とても貴重な素材です。早く買わないと買えなくなるかも…

耐久性ナンバーワンといえばチタン


宇宙開発にも使われているので、とても耐久性か良いです。

ちょっとやそっとじゃ欠けませんし半永久的に使えます。水洗いも出来るので、お手入れもしやすいです。

 

 

 

このページに書いてある事で被害にあわれても一切の保証は出来ないので、ご了承下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)