赤玉土や鹿沼土の小粒・中粒・大粒の違いをホームセンター社員が紹介します!野菜・観葉植物・多肉植物に使えますよ!

こんにちはカピ吉かぴまろです!

ホームセンターへ赤玉土や鹿沼土を買いに行くと小粒・中粒・大粒と色々な種類がありますよね?

どうに使えば良いの?

何に使えば良いの?って思われる方も多いと思います。

なので今回は、その違いについて紹介しようと思います。

赤玉土とは

通気性や保水性に優れた土で主に園芸で使われます。ほぼ無菌なので植えた植物が病気などにかかりにくくなるのが特徴です。

関東平野に広がる関東ローム層から取れる赤土から作られています。

赤玉土は無菌ゆえに微生物が繁殖しにくいので腐葉土を混ぜたり肥料を混ぜたりして使います。

単体で使うだけでは植物を育てる事は出来ません。

鹿沼土とは

こちらは関東ローム層で取れる軽石です。栃木県の鹿沼で取れることから鹿沼土と名付けられています。

使い方は赤土と、ほぼ同じなんですが…鹿沼土は酸性なので注意が必要です。

酸性の土壌を好む植物なら鹿沼土を使って、それ以外なら赤玉土を使いましょう。

大粒とは

粒が大きいので主に鉢底石の代用に使われます。ただ日がたつと粒が潰れてしまうので定期的に交換しましょう。

鉢底から見てみるとわかります。
1番水はけが良いタイプの土です。

中粒とは

水はけの良い土を好む植物に使います。

小粒とは

1番使われる土のタイプだと思います。迷ったら小粒を使って、水はけが悪いなと思ったら中粒を使うのも良いでしょう。


このページに書いてある事で被害にあわれても一切の保証は出来ないので、ご了承下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です