作物の病気予防の方法をホームセンター社員が紹介します。

赤星病(あかほしびょう)
葉にイガイガのような毛が付いた丸い斑点が出来てしまう。
なし、りんごに起きやすい病気。

うどんこ病

葉に白い粉をまぶしたようなカビが生えてしまう。放っておくと葉が枯れてしまう。「うどんこ病」の白い粉はカビです。キュウリやイチゴに発生しやすいです。

放っておくと。実にまで感染してしまい収穫が出来なくなって枯れてしまいます。暖かくなる気温が20℃前後の春から秋に発生しやすいです。

発生しやすい作物

キュウリ・イチゴ・カボチャ・ナス、にんじんなど

予防方法

窒素肥料を入れすぎないようにする。日当たりと風通りの良い場所に植える。

うどんこ病に効果のある薬剤

ベニカグリーンVスプレー


「うどんこ病」といえばサブロール乳剤やパンチョがありますが、この2つは水に溶かして薄めるタイプで、経済的ですが手間がかかり、作り置きできないのが難点なんです。
「ベニカグリーンVスプレー」は殺虫と殺菌の薬がブレンド済のスプレータイプで、治療のほか予防にも使えます。
いちごなら、収穫前日まで使えますし、野菜類のほか、観賞用植物にも使えるので1本あっても無駄にならないです。

褐斑病(かっぱんびょう)
葉に黄色い斑点があらわれて葉の側面が反り上がって枯れてしまう。また黒い斑点が出て下葉から枯れます。

菌核病(きんかくびょう)
褐色〜黒色に変色してしまう。また菌糸が沢山出てしまい腐敗して枯れてしまう。低温時に発生しやすい。菌が土の中に残ってしまう。

黒星病
バラの病気といえば黒星病ですね。葉に黒くて丸い斑点が出来てしまう病気です。雨が葉に当たると出来てしまいます。
水やりをする際は必ず根本にやるようにしましょう。

さび病
葉に凸凹のイボのような物が発生してしまう。やがで葉が破れると中から、さびのような粉が出てきてしまう。

立ち枯れ病

茎と根が枯れて倒れてしまう病気。定植直後や生育初期に起きやすい。土壌伝染性なので連作をしてしまうと起きやすい。

立ち枯れ病になると根が枯れてしまうので、すぐに引っこ抜けてしまいます。
梅雨時期などの雨が多く水はけが悪い時に発生しやすいです。特にアスパラガスは立ち枯れ病に注意が必要です。

発生しやすい作物

アスパラガス・ソラマメ・カボチャ・レタス・キク

予防方法

畝を高くしたり、パーライト・パーミキュライトを投入して水はけを良くします。連作障害が起こるので同じ科の野菜を連続で作らないようにします。

コンパニオンプランツ


マリーゴールドを一緒に植えるとセンチュウ対策になります。センチュウに作物が噛まれると、その傷口から菌が入って立ち枯れ病などの病気にかかりやすくなってしまいます。

効果のある薬剤

ダコニール1000


作物にもよりますが基本的には1000倍散布して使います。収穫前日まで使えるので発生したら、すぐに使いましょう。約1000倍に薄めてジョウロや噴霧器で全体にまきましょう。

他にも稲・ネギ・きゅうり・トマト・みずなに効果があります。
※全部で4回しか散布出来ないので注意です。キチンと説明書を読んでから散布しましょう。
発生しやすい作物
アスパラガス・ソラマメ・カボチャ・レタス・キク

予防方法
畝を高くしたり、パーライト・パーミキュライトを投入して水はけを良くします。連作障害が起こるので同じ科の野菜を連続で作らないようにします。

コンパニオンプランツ
マリーゴールド
一緒に植えるとセンチュウ対策になります。センチュウに作物が噛まれると、その傷口から菌が入って立ち枯れ病などの病気にかかりやすくなってしまいます。

効果のある薬剤
ダコニール1000
作物にもよりますが基本的には1000倍散布して使います。収穫前日まで使えるので発生したら、すぐに使いましょう。約1000倍に薄めてジョウロや噴霧器で全体にまきましょう。

他にも稲・ネギ・きゅうり・トマト・みずなに効果があります。
※全部で4回しか散布出来ないので注意です。キチンと説明書を読んでから散布しましょう。

軟腐病

作物が腐って腐敗を放つようになる病気です。傷があると、そこから細菌が入って感染してしまいます。もしくは雨が降って土が跳ねて作物に付着してしまい、そこから細菌が移ってしまいます。

発生しやすい作物

キャベツ・にんじん・ネギ・白菜など

予防方法

土壌が汚染されていると被害にあってしまいます。土に菌を残さない事が大切です。
同じ科の作物は連作しないようにしましょう。もし被害にあってしまっても畑に放置したり土に埋めるのは厳禁です。埋めたりすると菌が繁殖して、次に植えた作物にも移ってしまいます。

軟腐病に効果のある薬剤

ヤシマストマイ液剤


基本的には2000倍に薄めて散布します。一回しか使用出来ないので注意です。

炭疽病(たんそびょう)
丸い斑点が出来て葉は枯れて実も落ちてしまう。葉が枯れたら取り除かないと広がってしまう。

灰色かび病
花や茎葉などにかびが生えてしまい腐ってしまう。温度が低くて湿度が高いときに発生しやすい。

斑点病(はんてんびょう)
葉に褐色の斑点が出来て生育不良をおこす。ほとんどの作物がなりやすい病気であるため注意が必要。
予防方法
効果のある薬剤

ブラウンバッチ
芝生の病気。リング状に斑点ができてしまい、やがて枯れてしまう。円の外側から枯れていく。
芝生が円形脱毛症のような丸く禿げ上がってしまう。梅雨時などの雨が多いときに発生しやすい。

べと病
葉に黄色い斑点が出来て汚れたようになってしまう。作物の植える間隔が狭いと通気性が悪くなり発生しやすい。また整枝をしないとなりやすい。
予防方法
通気性を良くする
効果のある薬剤

もち病
葉がもちを焼いたように膨れてしまう。やがて黒色になって腐ってしまう。発生したら素早く葉を取り除く。

尻腐れ病

トマトといえば尻腐れ病にかかりやすいです。トマトの尻の部分が腐ってしまう病気です。

発生しやすい作物

トマト

予防方法

土壌のカルシウムが不足するとかかりやすいです。また窒素肥料を多く入れすぎてしまってもかかりやすくなってしまいます。
育てる際は必ず苦土石灰などを入れてカルシウムを補給しましょう。

尻腐れ病に効果のある薬剤

 

 

 

このページに書いてある事で被害にあわれても一切の保証は出来ないので、ご了承下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)