10年使ってわかったJAFに入るべきポイントを紹介します

こんにちはカピ吉かぴまろです!

私はJAFに10年間入っています。ロードサービスにもお世話になりました。緊急時にとても頼りになるサービスです。

こんな良いサービスが年会費4000円(月334円)で使えるのは、とってもお得です。それに家族が1人でも入っていれば他の家族は半額で入れるので、家族みんなで入会するのが良いです。

JAFとは

公式ホームページはこちらへ


ロードサービスを主なサービスとしている般社団法人です。その他にもモータースポーツイベントや優待割引をしています。

会員数は1732万人で国際自動車連盟(FIA)に加盟している日本で唯一の団体です。
詳しくはこちらへ

ロードサービス

JAFのロードサービスは会員のみならず誰でも利用できます。ただ会員でないと非常に高額になってしまうため、あらかじめ会員になっておく必要があります。

24時間・365⽇、全国どこへでも駆けつけてくれます。重大なトラブルでなくても駆けつけてくれるので気軽に呼ぶことができます。

異音や異臭などでも駆けつけてくれますので自動車トラブルが起きたら相談するのをおすすめします。

会員なら無料になるサービス

・バッテリー上がり(昼間、一般道での応急始動作業)
=会員でないなら13130円
・パンク(夜間、一般道でのスペアタイヤとの交換作業)
=会員でないなら13330円
・キー閉じこみ(夜間、一般道でのドア開放作業)
=会員でないなら15230円
・燃料切れ(昼間、高速道での燃料切れ給油作業(PA、SA以外))
=16770円
・故障車けん引(昼間、一般道での故障車けん引15㎞まで)
=13130円
・落輪(夜間、一般道での引き出し作業(道路とほぼ平行にタイヤ1輪が落輪した場合))
=14280円
・雪道でのスタック(昼間、一般道での引き出し作業(30分以内の作業))
=13130円
・異音・異臭(昼間、一般道での点検作業)
=10280円

会員になると、こんなに無料でサービスが受けられます。ロードサービス出勤理由TOP3である①バッテリー上がり②タイヤのパンク③キー閉じこみの3つが無料になるのは嬉しいです。

自動車保険のロードサービスとの違い

①JAFは「人にかかる」サービスのため、レンタカーや会社の車、友人など、保険契約車以外(マイカー以外)でのクルマのトラブルでもロードサービスが適用されます。

また、運転していなくても同乗しているだけでも使えます。 さらに、JAF会員証ひとつを持っていればクルマだけでなく、バイクや原付でも使えるのが特長です。

②利用回数に制限はありません。自動車保険のロードサービスは利用回数に制限がありますがJAFは何度使っても原則無料です。

③自動車保険のロードサービスではカバーしきれない※パンクの応急修理やタイヤチェーンの脱着も、アウトドアやレジャーにでかけ、雪道や泥道、砂地などでスタックした際(車輪がとられて身動きできなくなること)も、大雨による冠水など自然災害時のトラブルにも対応してくれます。

優待サービスが充実しています。

マクドナルド・ガソリンスタンド・ピザーラ・ステーキの宮など全国47000か所で会員カードを提示すれば使えます。私はステーキの宮で使うことが多いです。ステーキの宮なら飲食代が3%割引になります。

私の体験談

私も何度かお世話になりましたが平均すると40分くらいで駆けつけてくれます。営業所との距離で時間が決まるみたいですね。

私はアプリをいれているので自分のを電話で伝えなくても良かったです。アプリを入れておくのをおすすめします。

脱輪で1回、パンクで2回、バッテリー上がりで1回呼んでいます。どれも1時間以内には作業終了したので迅速です。しかも深夜でも来てくれるので助かりました。
詳しくはこちらへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)