これで迷わない!草刈り鎌の用途別のオススメと使い方を紹介します

こんにちはカピ吉かぴまろです!

ホームセンターには様々な鎌があります。

細い鎌、太い鎌、平たい鎌など色々あって迷ってしまいますよね。

初めて鎌を購入するんだけど、どの鎌を購入して良いのか判断てきない人も多いのではないでしょうか?

そんな人のために今回は鎌の選び方を紹介します。

草刈り鎌のタイプ

様々な種類があるので紹介します。

片手鎌(ルガマ)

片手で刈るタイプ。
家庭菜園や稲刈りなどの狭い所で使います。軽量な鎌を選ぶと良いでしょう。

大鎌(大ガマ)

両手で刈るタイプ。
広くて障害物の無い所で使う。重くて刃が厚い鎌を選んでガンガン草を刈りましょう。

払い刈り鎌

鎌を左右に振って草を刈る。

つかみ刈り鎌

手前に引いて刈り取る。刃がギザギザになっている鋸(のこぎり)鎌が多い。

草の硬さによって使える刃の厚さが違う

柔らかい雑草は薄刃を使用します。太い植物は中厚〜厚刃の鎌を使用する。
薄刃は柔かい雑草向け
中厚は硬い雑草向け
厚鎌は硬い雑草や小枝を切りたい方へオススメです。
ただ刃が厚くなるほど重くなるので注意です。

柄の長さ

長ければ立ったまま草刈りをする事が出来る。ただ力が入りづらいので柔らかい雑草向きです。

左利きの人へ

普通の片刃の鎌を使うと切れにくいので「左利きの鎌」か「両刃」の鎌を使うようにしましょう。

研ぎ方

のこぎり刃は砥石では研げないので目立てヤスリを使いましょう。

草刈り鎌の種類

用途別で必要な鎌が異なります。

三日月鎌

一般的な鎌のタイプです。
一家に一本は置いておきたいですね。迷ったら三日月の購入をオススメします。

刃が広いのや狭いの、厚いのや薄いの、様々ありますので用途によって使い分けましょう。

木鎌

藪などに入って木や太い植物などをガンガン切りたい方にオススメです。

持ち手が太くて刃も厚いです。そのぶん重量がありますが重さを利用してブン回す事が出来ます。

草削り鎌

刃が細いので、アスファルトの隙間や狭い場所で使うのに最適です。軽量なので扱いやすいですよ。

アスファルトなどに当たってしまうことも多いので刃が痛みやすいです。
こまめに研ぐのをオススメします。

ねじり鎌

クワのような形状になっているので、土ごと雑草を取り除くのに向いています。

重量があるので重さを利用してガシガシ削りましょう。

縄切り鎌

アウトドアや山菜取りなどで利用する鎌です。
トゲがある山菜もありますので手で取るのは危ないです。

アスパラ収穫用の鎌

アスパラ収穫用の鎌です。
刃先が短く尖っているので刈りやすいです。

鋸鎌(ノコギリガマ)

稲刈りで使う事が多いです。
ノコギリ状になっているので刈りやすいです。砥石では研げないので目立てヤスリを使って研ぎます…

三角ホー

柄が長いので立ったまま除草するのに使います。中腰にならなくて良いのは最高ですよ。
刃が三角の形をしているのでピンポイントで除草出来ます。

ステンレス製で軽量のもあるので女性でも扱えますよ。

東日本に多い「信州型」

刃が横についていて刃幅が広いのが特徴です。

鎌と聞くと、この形を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?

刃が厚めなので少し重いですが耐久性があります。三日月鎌の刃幅が広いタイプです。

西日本に多い「越前鎌」

刃幅が広い信州型と比べて刃幅が狭いです。刃の厚さも様々なので自分に合ったのを選ぶ事が出来ます。

手入れ用の砥石

鎌を購入するのであれば砥石も購入しておかないとです。日頃のお手入れが大事ですよ。

このページに書いてある事で被害にあわれても一切の保証は出来ないので、ご了承下さい。