秋植え花におすすめの肥料をホームセンター社員が紹介します。

パンジー・ビオラ・シロタエギクなどが入荷してくると秋だなと感じますね。春まで長く楽しめますし価格も80円~150円くらいで購入出来るのでおすすめです。

ただこの時期に植える際は寒さを意識して植えなければなりません。ポイントは肥料です。

 

窒素分が少なめの肥料を施すことがポイントになります。
普通の肥料だと14-14-14や8-8-8(窒素-リン酸-カリの割合)などの成分の配合が全て同じ肥料を施しがちですが、マグァンプK(6-40-6)などの窒素分の割合が少ない肥料を使いましょう。

 

窒素分が多い普通の肥料を施すと根が張る前に地上部が大きくなってしまい寒さに弱くなってしまいます。その代わりにリン酸を多く摂取してもらうことで開花を促進することが出来ます。

 

肥料を施す深さにも気をつけましょう。浅すぎても根が伸びなくなりますし、深すぎると肥料に届かなくなってしまいます。15cm~20cm程度の深さにまいてもらえれば大丈夫です。

 

少し高額になってしまいますが専用の培養土を使えば最初は肥料をまかなくても大丈夫です。

 

冬は根の張りが悪くなる季節なので基本的には肥料は少なめにしましょう。