アトピー性皮膚炎や水虫に効く酸性温泉を都道府県別に紹介します。傷を癒やしてくれる温泉はここです!

こんにちはカピまろです!

みんなが大好き温泉ですが色々な効能があることが知られています。この間はアルカリ性の温泉についてまとめたので今回は酸性温泉の効果がある温泉をまとめてみました。点数のつけかたは独断と偏見なのでご了承下さい。

酸性温泉の効果


温泉には酸性の温泉とアルカリ性の温泉がありまして、酸性だと皮膚炎や水虫などに効能があると言われています。
今回は酸性の温泉をまとめてみました。ただ酸性の温泉は皮膚が弱い人には良くないので注意が必要です。

得点の計算方法

10点満点で計算します。
PHが弱酸性は1点酸性は2点強酸性は3点
浸透圧は低張性は1点等張性は2点高張性は3点
弱酸性:pH3〜6
酸性:pH2〜3
強酸性:pH2未満
ナトリウム・カルシウムが、マンガンイオンそれぞれ100mg以上含まれていて1点ずつ
メタケイ酸は10g以上含まれていて1点の合計10点で比べます。

ナトリウムの効果

皮膚に膜を作り保護する効果があります

カルシウムの効果

痛みや痒みを抑えて皮膚に潤いを与える効果があります

マンガンの効果

細菌の感染を予防します

メタケイ酸

肌に潤いを与えます

群馬県

草津温泉


↓予約はこちらへ↓

日本一の温泉地といっても過言ではない所です。草津温泉に入れは恋の病以外は治るという言い伝えもある程泉質が良いです。
場所:群馬県吾妻郡草津町
色;無色透明
泉質;塩化物温泉
源泉の温度:96.5度
PH;1.66(強酸性)
浸透圧:酸性低張性高温泉
ナトリウムイオン101mg
カルシウムイオン102mg
マンガンイオン2.89mg
メタケイ酸501mg

万座温泉


↓予約はこちらへ↓

標高1800mの山の上にあり、車で行ける日本一の最高所の温泉です。乳白色ですので温泉っぽさがあり癒やされます。硫黄含有量日本一です。雪が多いため冬は有料道路の万座ハイウェーからしか行けないので注意が必要です。
場所:吾妻郡嬬恋村
色;乳白色
泉質:酸性硫黄泉
源泉の温度:66度
PH;2.4(酸性)
浸透圧:低張性酸性温泉
ナトリウムイオン109.8mg
マグネシウムイオン62.5mg
カルシウムイオン42.2mg
メタケイ酸258.6mg

秋田県

玉川温泉


↓予約はこちらへ↓

発見した時には鹿が入浴していた事から「鹿湯」と呼ばれている日本一の酸性度を誇る温泉です。
場所:仙北市
色;白色
泉質;塩化物温泉
源泉の温度:98度
PH;1.05(強酸性)
浸透圧:高張性酸性温泉
ナトリウムイオン78mg
マグネシウムイオン62.1mg
カルシウムイオン190.4mg
メタケイ酸386mg

山形県

蔵王温泉


↓予約はこちらへ↓

樹氷で有名な蔵王スキー場の近くにありスキーをした後に疲れを癒やすのに最適です。
場所:山形市
色;青白色
泉質;硫黄泉
源泉の温度:49度
PH;1.2(強酸性)
浸透圧:低張泉酸性泉
ナトリウムイオン38.5mg
マグネシウムイオン62.8mg
カルシウムイオン54.2mg
メタケイ酸208.5mg