船舶免許

【群馬に住んでる人へ】釣りするのに便利!小型船舶免許の取得方法と取得すると出来る事を紹介します

船
私は小型船舶免許1級免許を2013年に取得しました。趣味のバス釣りのために取得したのですが快適に釣りが出来ています。

実際に取得した経験を載せるので信頼性はあると思います。

このページを見て下さっているということは小型船舶免許の取得を検討しているんだと思います。皆さんはどんな理由で取得しようとしているのでしょう?

小型船舶免許は決して難しい資格ではなく、キチンと勉強すれば合格出来ます。私でも1週間程度で合格出来ました(独学で学科の勉強4日・学科教習1日・実技講習1日・国家試験1日)

取得方法

車と同じように教習所を受けたあとに、国が指定した機関へ行って国家試験を受ける必要があります。

学科試験と実技試験に分かれています。国家試験が免除になる教習所もありますので、違うところへ行くのが面倒くさい人や自信がない人は受講を検討しましょう。

ただ割高になってしまいます。

群馬県に住んでるのに東京で受けた理由

群馬にも教習所はあったのですが国家試験が免除にならないのに料金が12万円程度かかってしまいので高額だと感じました。

東京で受けた方が安いです。東京なら教習日数は少ないですが7万程度で受けられるので費用をおさえられます。

それに群馬で受けると湖で教習をやらなくてはならないため、海での練習が出来ないです。海釣りもしたかったので海で教習が出来る東京を選びました。

宿泊費と交通費をいれても格安で済みました。

選んだプラン

私は実技講習は教習所で受けて国家試験は自分で受けるプランを選びました。学科試験は自分で予習して、教習所で1日だけ勉強するプランです。そんなに学科は難しくないので自分で勉強するので十分です。実技は独学は無理なので教習所で1日学びました。

どのくらいかかった?

試験に1日かかったので全部で3日間・7万円程度で取得出来ました。これが東京で学科講習2日・実技講習1日・試験1日の国家試験免除の教習所だと12万円程度かかるので、私は安く抑えられた方です。5万円も違うなら国家試験免除じゃなくても良い気がしますし、東京まで受けにいくので日数をかけたくなかったです。

取得すると出来ること

1級習得をおすすめしますが、湖沼で釣りをするだけなら湖川小出力限定免許でも大丈夫です。ただどちらにしても実技試験があるので、そんなに難易度は変わらない気がします。

1級

総トン数20トン未満の船(水上オートバイを除く)ですべての海域を航行出来ます。ただ80海里以上を航行する場合は一定の資格を持った機関長に乗ってもらわなければなりません。普通の湖や海で釣りをするには、これで十分です。海釣りのスポットは80海里もあれば十分足ります。トローリングなどの外洋フィッシングやヨットも楽しめます。
費用:120000円程度
期間:3日~(学科1日・実技1日・試験1日)

2級

総トン数20トン未満の船舶(水上オートバイを除く)で海岸から5海里(9.26km)以内を航行できる免許です。ただ釣りを楽しむには少し物足りないです。出来れば1級を取得したいです。1級の試験の方が範囲が広いのですが、1級と2級の難易度の差は少ないです。どうせ取得するなら最初から1級を取得するのをおすすめします。
費用:85000円程度
期間:3日~(学科1日・実技1日・試験1日)

2級(湖川小出力限定)

湖や川で使える免許です。海に出ない人には、これで十分です。ただこれでも学科と実技の両方の試験があるので、どうせ受けるなら1級を受けといたほうが良い気がします。費用は1級の半分くらいで済みます。
費用:50000円程度
日程:2日~(学科・実技で1日・試験1日)

特殊

水上バイクを運転出来ます。船舶免許を持っていても水上バイクは運転出来ないので注意が必要です。
費用:55000円程度
日程:3日~(学科1日・実技半日・試験1日)

教習内容(学科+実技)

船

学科

1.船長の心得や遵守事項
船長としてのルールやマナーを学びます。以外にも免許保有者が乗船していれば、免許を持ってない人にも運転させることが出来ます。

他船が頻繁に来ないところでないとダメという条件付きですが楽しいですね。同乗者に運転させてドヤ顔出来ます。
2.運航(一般)
船の特性や操縦方法。エンジンの取り扱いなどを学びます。事故した時にどうすれば良いかも学びます。船にはブレーキが無いのが意外でした。
3.交通の方法
交通ルールを学びます。たとえば基本的に船は右側通行です。車だと左側通行なので最初は戸惑いますが、慣れると大丈夫です。

ただ狭いところを通過するときは中央を航行しないと危ないので、基本的には中央を航行して船とすれ違う時は右側へ寄せましょう。

あとは大型船が来た時は小型船が避けならないというルールもあります。大型船の方が操縦性能が良くないため小型船が避ける方が簡単だからです。

1級を受ける場合は上級学科の受験も必要です

ⅰ.海図の書き方など
コンパスや定規を用意するのが少し面倒くさいですが、それほど内容は難しくありません。
Ⅱ.船舶の整備の仕方・故障時の対処の仕方
海の上で故障した時などの対処の仕方を知っておきます。

実技

出発前の点検方法
船舶に傷がついていないか、エンジンは正常かなど確認します。ちゃんと備品があるかどうかも確認します。
エンジンの始動・停止方法
実際にエンジンを始動して停止させます。
ロープワーク
船を岸から離れないようにロープで留めておくのですが、そのロープの結び方を学びます。

私の場合は教習所から事前にロープが送られてきていたので、あらかじめ練習出来ました。

「もやい結び」という普段使わない人も多い結び方を使うので、難しい人もいると思います。

私は実際に4人で教習を受けたのですが、戸惑っている方も1人いました。試験管によっては「もやい結び」じゃない場合もあります。
蛇行運転
スピードを出して左右に旋回する練習です。最初はかなり戸惑いますが、慣れれば全然平気です。

最初は旋回する角度が弱すぎて教習官には注意されましたが、わかれば大丈夫です。あんなに傾いても船って沈まないんだなって思いますよ。

船が45度くらいに傾いても全然大丈夫らしいです。一緒に教習を受けた人たちも最初は旋回する角度に戸惑ってましたね。慣れていないとヒヤヒヤします。
人命救助
人に見立ててブイを海に流し、それを救助する訓練です。船に当てないように救助するのは難しいです。

ブイの動きを予測して余裕を持って近くに寄せるのがコツです。試験でも1回なら再挑戦出来るようなんですが、
離着岸
実技の最難関が着岸です。離岸は難しくないんですが、着岸は難しいです。キチンと岸に寄せないダメですし、離れすぎてもダメです。

私が受けた試験でも1人失敗した人がいて不合格になっていました。これ以外は難しくないんですが、これだけは練習しても緊張します。

コツは桟橋より手前で体制を作り、惰性で着岸させるイメージです。スピードを出しすぎると桟橋に衝突するので、スピードはゆっくりめに調整します。

これ以外にも「解らん」「コンパスの使い方」などがあります。

私はここの教習所で取得しました

とても丁寧で優しかったです。現在では学科独学コースは無くなってしまったようです。景色が良い中で講習が受けられます。

「トウキョウゲートブリッジを目指しましょう!」とか言われるとテンション上がりました。
マリンリトルオーシャンについて詳しくはこちらへ

よんでほしい記事

no image 1

最近は東日本大震災や西日本豪雨などで災害への意識が高まっていると思います。災害の時こそ我らがホームセンターが活躍させて頂く時です。 今回は災害の時にホームセンターで売れるもの=災害の時に必要なものを紹 ...

-船舶免許

© 2021 ホームセンター社員の日常 Powered by AFFINGER5