農業用不織布のメリット・デメリット

こんにちはカピまろです!

今日は不織布のメリットデメリットについて紹介します。
簡単に言うと虫除けできて保温も出来る布です。不織布の名の通り繊維を絡ませて作ってあり織ってません。

作物を植えてから何もしないと害虫に食害されてしまったりシカや猪に食べられてしまったりしてしまいますね。

寒くなってくると苗の元気がなくなってしまったり霜が生えてダメになってしまったりと…人間も服を着たり家の中にいないとダメなように作物も暑すぎたり寒すぎたりしないようにしてあげないとダメなんです。
それを防ぐためにこれらの布達(笑)があるのですがお客様を見ていると、よくわからないで購入されている方が多いような気がします。

素材について

文字の通り織っていない布で熱や圧力をかけた水などで繊維をくっつけて作っています。なので網目が無く織ってません。ほとんど隙間がないので防虫能力は抜群です。通気性も良いので保温・防霜・防虫などに使います。柔らかくて肌触りは良いですが(笑)その分破れやすいです。

白菜やほうれん草などの葉を食べる野菜は特に食害が深刻になるので絶対に使うようにして下さい。そうしないと虫食いの穴だらけになり収穫できなくなります。

破れなければ何回でも使えるので農薬を撒くのに比べて安全でコストもかからないです。

使う季節


主に冬に使うものですね。作物の上に直接ベタ掛け(支柱等を使わずにそのまま作物の上にかける)するのが一般的な使い方です。
柔らかくて肌触りは良いですが(笑)その分破れやすいです。

白菜やほうれん草などの葉を食べる野菜は特に食害が深刻になるので絶対に使うようにして下さい。そうしないと虫食いの穴だらけになり収穫できなくなります。

破れなければ何回でも使えるので農薬を撒くのに比べて安全でコストもかからないです。

保温性能

最強の保温性能を備えていますがそれでも極寒の中だと使えませんね…その場合はビニールハウスにするしかないです。
作物を暖める&虫除けに使います。寒冷紗よりも保温性能が高いので冬は不織布を使いましょう。ただかけたままでは水やりが出来ないのでかけたり外したりしなければいけないのが辛いですね。

どんな作物に効果的?


特に好光性の種(光を必要とする種)には効果絶大です。シソ、ニンジン、レタス、ゴボウなどは発芽するのに光が必要なので種まきをしても土を被せない方が良いのです。でも土を被せないと鳥や害虫に食べられてしまうので、それらから守ることか出来ますので便利です。
なので種まきしても土を被せないで、代わりに不織布をかけます。

防虫効果について

網目が細かいので防虫効果は高いですが、ずっと被せておくと虫の温床になってしまいますので昼間は剥がしましょう。

使い方

基本的には種まき後の管理や苗の管理に使います。畑に土を盛って種まきをします。直後に不織布をベタ掛けして土が乾燥するのを防ぐことで発芽を促進出来ます。
また苗を植え付けた後に使う場合は夕方に掛けて朝には外すようにします。不織布はベタ掛けして使うものなので苗に直接触れる事になります。そうすると苗にストレスを与えることになりますので掛けるのは夜の間だけにしましょう。不織布は耐久性が強くないのでトンネル掛けには適さないです。

なので上でも書きましたが、基本的には冬に使う物です。春と秋には寒冷紗を使いましょう。寒冷紗ならトンネル掛けが出来るので、いちいち外さなくても大丈夫です。

ホームセンターでの不織布の価格を比べてみました

不織布1.35m×5m
★カインズ318円
コメリ498円
ビバホーム無し
セキチュー537円

不織布1.8m×5m
★カインズ418円
コメリ598円
ビバホーム592円
セキチュー645円

不織布1.8m×10m
★カインズ798円
コメリ980円
ビバホーム1167円
セキチュー861円
カインズホームがダントツで安いのでオススメですね(^^)

まとめ

不織布のメリット

●値段は1番安価
●保温性能が1番高い
●鳥害や虫害を防げる

不織布のデメリット

●耐久性が低いので破れやすい
●掛けたまま水やりが出来ない
●光を通しにくいので日中は外す必要があるので手間がかかる
寒冷紗、不織布、防虫ネットの違いはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です