【実際に使ってわかった】人気のホームセキュリティをホームセンター社員が比較して紹介します。

こんにちはカピ吉かぴまろです!

最近防犯意識が高まっていますね。ホームセンターでも防犯カメラ・車載カメラ・防犯砂利などの問い合わせが増えています。

ホームセンターでも強盗事件が発生する時に備えて、もちろん警備会社と契約しています。

でも実際に契約してみないと「迅速に来てくれる?」「対応は丁寧なの?」などわかりませんよね?

私はホームセンターでセコムとALSOKの両方を利用した事がありますので、その経験に基づいて紹介します。

迷っているならセコムをおすすめします


公式サイトはコチラへ

セコムとALSOKの両方を経験しましたが、セコムの方が対応が良いです。緊急時はもちろん迅速にかけつけてくれますし、緊急時の時以外でも対応が早いです。

逆にALSOKは少し対応が遅いです。セコムなら10分くらいでかけつけてくれる案件でも40分くらいかかったりします。

警報の誤作動もALSOKは多かったです。誤作動して深夜に連絡が来る事も何回かありました。しかも原因がわからないと言われるので、どうにもならなかったです。

蛾が飛んでいるだけでも警報が鳴ることがあるようなので、どうにかして欲しかったですね…

ALSOKの1番困ったところは、玄関などが空いていてもセキュリティシステムがかかってしまう事です。

店を出る時にセキュリティシステムをかけてから帰るのですが、玄関などが開いていてもセキュリティシステムがかかってしまいます。

そのすぐ後に玄関が空いているのを感知して警報が鳴ります…そして警備員がかけつけて来てしまいます…

「セコムのように玄関などが空いていたらセキュリティシステムがかからないようにして欲しい」と何度もお願いしたのですが…
ALSOKのシステムでは出来ないようです。

私がちゃんと戸締まりをしてからセキュリティシステムをかければ問題無いので、私が悪いのですが…こんなことセコムでは無かったので驚きました。

セコムの場合はセキュリティシステムがかからないだけでなく、どこに異常があるのかを知らせてくれます。

使ってみたらわかるのですが「毎日キチンと戸締まりをしてからセキュリティシステムをセットする」のは難しいです。

それをミスしたからといって、いちいち警備員が飛んでくるのは辛いです。かけつけてくれるのも有料だったので…

システムはセコムの方が上なので、迷っているならセコムが良いです。

ただ料金はALSOKの方が安いです

システムや対応能力はセコムの方が上ですが、どうしても費用を抑えたい人はALSOKが良いです。

機器を買い取るプランの比較

セコム・ホームセキュリティNEO(買取プラン)

月々のお支払いを抑えたい方向け
月額4,500円(税別)
初期費用|買取システム料金 427,300円(税別)
設置機器の個数・建物構造・設置状況によって、料金は異なります
取付工事料は買取システム料金に含まれます

ALSOKお買い上げプラン

月額費用3,500 円
初期費用
工事費53,000円+機器費194,600円
※機器はお買い上げで、10年間無料保証
★ALSOKの方が安いです。

レンタルプランの料金の比較

セコム・ホームセキュリティNEO(レンタルプラン)

最適なプランを、お得なパック料金でご提供
月額6,800円(税別)
初期費用|工事料58,000円(税別)
保証金20,000円(非課税・契約満了時返却)

ALSOKレンタルプラン

月額費用6,870 円
初期費用
工事費53,000円
※機器はレンタルになります
★初期費用はALSOKの方が安いですが、工事費などはALSOKの方が安いです。

まとめ

全体的にALSOKの方が安いです。料金以外はセコムの方が上なのでお財布と相談して最適なプランを検討してみて下さい。

 

警備会社への料金はクレジットカードで支払わないと大損します

私は10年以上クレジットカードを利用して買い物していますが、これまでに20万円分以上のポイントをもらっています。

会計は絶対にクレジットカードで支払いましょう。支払う金額は同じなのにポイントが付くのでお得ですよ。
スーパー・コンビニ・ホームセンター・ガソリンスタンド・通販サイトなど、どこで使ってもポイントが貯まります。

楽天カードなら無料でカードを発行するだけで2000円分のポイントが貰えます。キャンペーン中なら5000円分のポイントが貰えるので利用しないと損です。

面倒な銀行口座の登録も楽天カードなら印鑑不要のネットに入力するだけです。

楽天カードはポイントが貰えるうえに発行手数料も年会費も全て無料なので一切お金はかかりません。
無料なのに作らないのはもったいないです。

海外ではキャッシュレス決済が当たり前になってきています。
どんどん現金が使えなくなっていますので、これから日本でも現金が使えなくなっていきます。
詳しくはコチラへ


このページに書いてある事で被害にあわれても一切の保証は出来ないので、ご了承下さい。