園芸資材

【園芸用】不織布と寒冷紗の違いを元ホームセンター店長が紹介します!農業や家庭菜園では必ず使いましょう。

畑
わんちゃん
不織布と寒冷紗ってなにが違うんだろう

作物を植えてから何もしないと害虫に食害されてしまったりシカや猪に食べられてしまったりしてしまいますね。

寒くなってくると苗の元気がなくなってしまったり霜が生えてダメになってしまったりと…

人間も服を着たり家の中にいないとダメなように作物も暑すぎたり寒すぎたりしないようにしてあげないとダメなんです。

それを防ぐためにこれらの布達(笑)があるのですがお客様を見ているとわからないで購入されている方が多いような気がします

これを読んで下さってる方も見た目が同じようなんで、わからなくて適当に使っている方も多いのではないでしょうか?

見た目は変わらないんですが使い方も特徴も違うので今回はご紹介させて頂きます。

野菜を作るのが大変なら宅配にするとラクです。こちらの記事で詳しく紹介しています。

合わせて読みたい

野菜
【最安値】野菜宅配の料金・特徴を7社で比較してランキングにしました!1番安くて良いのはここです

続きを見る

結論は季節によって使い分けた方が良いです

季節

種類主に使う季節
寒冷紗春と秋
防虫ネット
不織布

全て購入するのが理想なのですが、どれか1つで迷ったら幅広い季節に使う寒冷紗にしましょう。詳しく理由を説明していきます。

不織布とは(霜対策に最適)


不織布といえばパオパオです。ホームセンターでは置いてないので通販で購入しましょう。ただホームセンターで購入する場合には、特にこだわらなくても大丈夫です。

不織布のメリット

  • 価格は1番安い
  • 保温性能が1番高い
  • 鳥害や虫害を防げる

不織布のデメリット

  • 耐久性が低いので破れやすい
  • 掛けたまま水やりが出来ない。寒冷紗と防虫ネットはかけたまま水やりが出来ます。
  • 光を通しにくいので日中は外す必要があるので手間がかかる

不織布の使い方(ベタ掛け)

不織布
基本的には種まき後の管理や苗の管理に使います。直接上からかけて石やピンで固定します。はじに土をかけて固定しても大丈夫です。

風で飛ばされないように、キチンと固定しましょう。

畑に土を盛って種まきをします。直後に不織布をベタかけして土が乾燥するのを防ぐことで発芽を促進出来ます。

苗にかける場合は直接触れる事になりますので、夕方に掛けて朝には外すようにすると、苗にダメージを与えずにすみます。

不織布は耐久性が強くないのでトンネル掛けには適さないです。なので上でも書きましたが、基本的には冬に使う物です。春と秋には寒冷紗を使いましょう。

寒冷紗ならトンネル掛けが出来るので、いちいち外さなくても大丈夫です。

予算に余裕があれば冬は不織布をベタ掛けにして、上からトンネルかけで寒冷紗を使うと、もっと良いです。

不織布の素材について

わんちゃん
マスクと同じような素材なんですね
マスクと違って破れやすいので注意です
ねこまろ

文字の通り織っていない布で熱や圧力をかけた水などで繊維をくっつけて作っています。なので網目が無く織ってません。

ほとんど隙間がないので防虫能力は抜群です。通気性も良いので保温・防霜・防虫などに使います。

柔らかくて肌触りは良いですが、その分破れやすいです。1番破れやすいタイプです。

不織布の効果的な野菜

わんちゃん
どういう野菜に使えば良いんでしょう?
白菜・ホウレンソウ・ニンジン・レタス・セロリ・しそ科の植物などに使います
ねこまろ

白菜やほうれん草などの葉を食べる野菜は、特に食害が深刻になるので絶対に使うようにして下さい。そうしないと虫食いの穴だらけになり収穫できなくなります。

特に好光性の種(光を必要とする種)には効果絶大です。

シソ、ニンジン、レタス、ゴボウなどは発芽するのに光が必要なので種まきをしても土を被せない方が良いのです

そのままだと鳥や害虫に食べられてしまうので、守ることか出来ます。

ただそれほど温度が低くない時は寒冷紗でも良いです。破れなければ何回でも使えるので農薬を撒くのに比べて安全でコストもかからないです。

不織布を使う季節(冬)


主に冬に使うものですね。野菜の苗や種まきした後の上に、直接ベタ掛け(支柱等を使わずにそのまま作物の上にかける)するのが一般的な使い方です。

冬は不織布の上から、トンネル掛けで寒冷紗をかけるのをおすすめします。昼間は不織布をはがすことになってしまうので、寒冷紗をかけないと作物が無防備になってしまいます。

わんちゃん
寒冷紗と併用することも出来るんですね
暖かくなりすぎる場合は不織布だけ外しましょう
ねこまろ

不織布の保温性能

最強の保温性能を備えていますがそれでも極寒の中だと使えません…その場合はビニールハウスにするしかないです。

不織布の防虫効果について

網目が細かいので防虫効果は高いです。

ただずっと被せておくと蒸れてしまいますので昼間は剥がしましょう。

ホームセンターでの不織布の価格を比べてみました

不織布1.35m×5mの価格の比較

会社名価格
カインズホーム318円
コメリ498円
ビバホーム無し
セキチュー537円

不織布1.8m×5mの価格の比較

会社名価格
カインズホーム418円
コメリ598円
ビバホーム592円
セキチュー645円

不織布1.8m×10mの価格の比較

会社名価格
カインズホーム798円
コメリ980円
ビバホーム1167円
セキチュー861円

1番安いのはカインズホームでした。

他の農業資材の価格はこちらで紹介しています。
【おすすめ】全国ホームセンターの価格を比較してランキングにしてみました。1番安いのはここです!大型・小型・売上高は関係無しのガチンコ対決です

寒冷紗とは(防虫・保温・霜対策)

簡単に言うと虫除けできて、保温もできて、1年中使える万能な布です。

寒冷紗のメリット

●冬以外は使えるので万能です。どれか1枚を選ぶというのなら寒冷紗(冬は不織布を使う)

  • 価格は中間
  • 遮光率を選べるので幅広い季節に使える。温度調節が出来る
  • 通気性が高いので上から水やりが出来る
  • 防虫・保温できる(保温性能は不織布と防虫ネットの中間)
  • 耐久性が高いので不織布より丈夫です。

寒冷紗のデメリット

  • 保温効果は不織布の方が高い
  • トマトやナスなど実をつける野菜には使えない
わんちゃん
迷ったら寒冷紗ですね

寒冷紗の使い方(トンネル栽培)


シェア畑より(顧客満足度第1位の貸し農園)

寒冷紗と防虫ネットの張り方は同じです。基本的には種まき後の管理や苗の管理に使います。

種まき直後に不織布をベタ掛けして土が乾燥するのを防ぐことで発芽を促進できます。不織布で保温が足りない場合は寒冷紗をトンネル掛けすると良いです。

ただ不織布は苗に直に触れる事になります。それが良くないです。苗が育ってきたら不織布を外して、寒冷紗だけで間に合わせたいです。

わんちゃん
不織布は「ベタ掛け」。寒冷紗は「トンネル掛け」をするんですね。
不織布だけ掛け方が違います
ねこまろ

基本的には不織布は冬に使う物です。春と秋なら寒冷紗だけを使いましょう。寒冷紗ならトンネル掛けが出来るので、いちいち外さなくても大丈夫です。

破れなければ何回でも使えるので農薬を撒くのに比べて安全でコストもかからないです。

ただ実をつける野菜(トマトやナス等)には使用出来ないのには注意が必要です。なぜなら実をつける野菜は受粉が必要なのです。

受粉させてくれるハチなどが来てくれないと実をつけられなくなってしまい収穫出来なくなってしまいます。

寒冷紗の素材について

主にポリエステルで出来ていて網目状に織ってある布です。不織布は織ってなかったんですが寒冷紗は織ってある布になります。

そのため不織布と違い網目状になっているので通気性が高いです。不織布より保温効果がないので暖かくなってきたら使いましょう。

通気性が高いため上から水やりが出来ます。外さなくても水やりが出来るのは嬉しいです。

寒冷紗の注意事項

受粉が必要なためトマトやナスなど実をつける野菜には使えないのには注意です。受粉させてくれるハチなどが来てくれないと実をつけられなくなってしまい、収穫出来なくなってしまいます。

寒冷紗を使う季節について(春・秋)


春や秋に使うものです。
長い期間使えるので初心者向けです。夏には強い日差しを遮ったり春や秋には保温したりと万能です。

寒冷紗は遮光性を選べます

黒の寒冷紗は遮光率50%くらい。白の寒冷紗は遮光率20%くらい。

遮光率が高いほど光を防げますが蒸れやすいので注意が必要です。

春と秋には光を通しやすい白を使うのをおすすめします。光線透過率が高いのを使用して作物を暖めるのと虫除けに使います。

これもホームセンターでは販売していないので楽天市場Amazonなどの通販で購入しましょう。

ホームセンターでの寒冷紗の価格を比べてみました

寒冷紗1.8m×5m

会社名価格
カインズホーム980円
コメリ1780円
ビバホーム1167円
セキチュー1058円

寒冷紗1.8m×10m

会社名価格
カインズホーム1480円
コメリなし
ビバホーム2355円
セキチュー1922円

寒冷紗もカインズホームで買うのが1番安いです。

他の農業資材の価格はこちらで紹介しています。
【おすすめ】全国ホームセンターの価格を比較してランキングにしてみました。1番安いのはここです!大型・小型・売上高は関係無しのガチンコ対決です

不織布にも寒冷紗にも防虫効果あるじゃん!じゃあ防虫ネットいらないんじゃない?と思われるかもしれませんが‥そんな事はありません

まとめ

冬は不織布を使って春〜秋は寒冷紗を使うのが良いです。

お金に余裕がある人は、夏は防虫ネットを使いましょう。

不織布の方が保温性が高いが、耐久性が低いので慎重に使いましょう。

寒冷紗の方が値段が高価ですが幅広い季節に使えますし耐久性も高いです。かけたままでも水やりが出来るのもgoodですね。

ただ網目が荒いので、本格的に防虫したいのなら防虫ネットを使いましょう。

広さが物足りない方は畑をレンタルするという手もあります。

合わせて読みたい

レンタル畑
【手ぶらでOK】畑のレンタルサービスを3社で比較しました!おすすめはここです!

続きを見る

野菜を作るのが大変なら宅配にするとラクです。こちらの記事で詳しく紹介しています。

合わせて読みたい

野菜
【最安値】野菜宅配の料金・特徴を7社で比較してランキングにしました!1番安くて良いのはここです

続きを見る

 

-園芸資材

© 2021 元ホームセンター店長の日常