波板の選び方をホームセンター社員が紹介します。

波板
屋根・カーポート時には壁として使う人もいる波板ですが色々な、種類があります。

夏は紫外線に当たって劣化してしまいますし、冬は雪が積もって壊れてしまいます。特に豪雪地帯だと雪の重みで壊れたりすることが多いです。

これからの時期に張り替える人もいるのではないでしょうか?しかし選び方を間違えると大変なので、今回は波板の選び方を紹介します。

安い軽い人気の「ポリカ波板」


1番人気のタイプです。まず安いです。波板の中で1番安いです。しかも軽いため10枚を一気に運ぶことも出来ます(波板は10枚で梱包されていることが多い)。

軽くて耐久性が弱く見られがちですが、10年は持ちます。紫外線にも強いため普通のところに使うなら、これで十分です。

迷ったらこれをおすすめします。電動工具を使わなくてもノコギリで切断出来るので加工しやすいです。

金属製で丈夫な「カラートタン」


金属製のトタンでポリカより耐久性が高いのが特徴です。ただ錆びやすいのがデメリットです。

重くて丈夫な「ガルバニウム波板」


住宅や工場の屋根・外壁などで使われます。
1度張ってしまえば10年以上持つので耐久性重視ならガルバニウム波板をおすすめします。耐久性・耐熱性は高く性能は良いです。

ただとても重いので運ぶさいには注意です。ガルバニウム波板は本当に重くて波板の中で1番運ぶのが嫌でした。

他の波板は5枚くらいまとめて運べるんですがガルバニウム波板は2・3枚づつしか運べません。

棚卸しの時も、他の波板は良いんですがガルバニウム波板は重いし固いので手は切れやすいし近寄りたくない場所でしたね。

紫外線を通さないので農業には使えません。

1番安い「塩ビ波板」


塩化ビニール製の波板です。耐久性は低く2~3年程度しかもちませんが、とにかく安いのが特徴です。ノコギリで切断可能です。

しかし耐久性が低いのでおすすめ出来ません。DIYでちょっとやるには、ちょうど良いのですが紫外線で、すぐに弱ってしまって割れてしまいます。

店のPOPを張ったりする場所に使用しているのですが、すぐに割れてしまうので、しょっちゅう作り直しています。

価格は安いのですが長期間使用するのには向いていません。

ガラスネット波板


塩ビ波板の中にガラスネットが入っているタイプです。塩ビ波板よりは耐久性が高くなりますが、正直あまり変わらないような気も…

運ぶ際の注意点

ホームセンターで扱っている波板には6~10尺がありますが自家用車に乗るのは6尺までが限界です。

大きいホームセンターなら軽トラの貸し出しサービスをやっているので是非利用しましょう。無料で貸し出してくれます。

まとめ

安くて丈夫なポリカ波板をおすすめします。たいがいの人はポリカ波板で間に合います。

個人的には予算に余裕があって重くても大丈夫な人限定ですがガルバニウム波板をおすすめします。

 

このページに書いてある事で被害にあわれても一切の保証は出来ないので、ご了承下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)