園芸資材

寒冷紗と防虫ネットの違いを元ホームセンター店長が紹介します!農業や家庭菜園に必須!種類が豊富で迷っちゃいます

寒冷紗
わんちゃん
寒冷紗と防虫ネットの違いってなんだろう

作物を植えてから何もしないと害虫に食害されてしまったり、シカや猪に食べられてしまったりしますね。

それに寒くなってくると苗の元気がなくなってしまったり霜が生えてダメになってしまったりします。

人間も服を着たり家の中にいないとダメなように作物も暑すぎたり寒すぎたりしないようにしてあげないとダメなんです。

それを防ぐためにこれらの布達(笑)があるのです。

お客様を見ているとわからないで購入されている方が多いような気がします

これを読んで下さってる方も見た目が似ているんで、適当に使っている方も多いのではないでしょうか?

ねこまろ
寒冷紗と防虫ネットの違いを紹介します

野菜を作るのは大変なので宅配するとラクです。

合わせて読みたい

野菜
【最安値】野菜宅配の料金・特徴を7社で比較してランキングにしました!1番安くて良いのはここです

続きを見る

寒冷紗・防虫ネットの使い方(トンネル栽培)


シェア畑より(顧客満足度第1位の貸し農園)

寒冷紗と防虫ネットの張り方は同じです。基本的には種まき後の管理や苗の管理に使います。

種まき直後に不織布をベタ掛けして土が乾燥するのを防ぐことで発芽を促進できます。不織布で保温が足りない場合は寒冷紗をトンネル掛けすると良いです。

ただ不織布は苗に直に触れる事になります。それが良くないです。苗が育ってきたら不織布を外して、寒冷紗だけで間に合わせたいです。

わんちゃん
不織布は「ベタ掛け」。寒冷紗と防虫ネットは「トンネル掛け」をするんですね
不織布だけ掛け方が違います
ねこまろ

基本的には不織布は冬に使う物です。春と秋なら寒冷紗だけを使いましょう。寒冷紗ならトンネル掛けが出来るので、いちいち外さなくても大丈夫です。

破れなければ何回でも使えるので農薬を撒くのに比べて安全でコストもかからないです。

ただ実をつける野菜(トマトやナス等)には使用出来ないのには注意が必要です。なぜなら実をつける野菜は受粉が必要なのです。

受粉させてくれるハチなどが来てくれないと実をつけられなくなってしまい収穫出来なくなってしまいます。

不織布については、こちらの記事で詳しく紹介しています。
「不織布」「寒冷紗」「防虫ネット」の使い方の違いをホームセンター社員が紹介します!防虫・保温・霜対策に効果バツグンです

寒冷紗とは(防虫・保温・霜対策)

簡単に言うと虫除けできて、保温もできて、1年中使える万能な布です。

寒冷紗のメリット

●冬以外は使えるので万能です。どれか1枚を選ぶというのなら寒冷紗(冬は不織布を使う)

  • 価格は中間
  • 遮光率を選べるので幅広い季節に使える。温度調節が出来る
  • 通気性が高いので上から水やりが出来る
  • 防虫・保温できる(保温性能は不織布と防虫ネットの中間)
  • 耐久性が高いので不織布より丈夫です。

寒冷紗のデメリット

  • 保温効果は不織布の方が高い
  • トマトやナスなど実をつける野菜には使えない
ねこまろ
迷ったら寒冷紗ですね

寒冷紗の素材について

主にポリエステルで出来ていて網目状に織ってある布です。不織布は織ってなかったんですが寒冷紗は織ってある布になります。

そのため不織布と違い網目状になっているので通気性が高いです。不織布より保温効果がないので暖かくなってきたら使いましょう。

通気性が高いため上から水やりが出来ます。外さなくても水やりが出来るのは嬉しいです。

寒冷紗の注意事項

受粉が必要なためトマトやナスなど実をつける野菜には使えないのには注意です。受粉させてくれるハチなどが来てくれないと実をつけられなくなってしまい、収穫出来なくなってしまいます。

寒冷紗を使う季節について(春・秋)


春や秋に使うものです。
長い期間使えるので初心者向けです。夏には強い日差しを遮ったり春や秋には保温したりと万能です。

寒冷紗は遮光性を選べます

黒の寒冷紗は遮光率50%くらい。白の寒冷紗は遮光率20%くらい。

遮光率が高いほど光を防げますが蒸れやすいので注意が必要です。

春と秋には光を通しやすい白を使うのをおすすめします。光線透過率が高いのを使用して作物を暖めるのと虫除けに使います。

これもホームセンターでは販売していないので楽天市場Amazonなどの通販で購入しましょう。

ホームセンターでの寒冷紗の価格を比べてみました

寒冷紗1.8m×5m

会社名価格
カインズホーム980円
コメリ1780円
ビバホーム1167円
セキチュー1058円

寒冷紗1.8m×10m

 

会社名価格
カインズホーム1480円
コメリなし
ビバホーム2355円
セキチュー1922円

寒冷紗もカインズホームで買うのが1番安いです。

他の農業資材の価格はこちらで紹介しています。
【おすすめ】全国ホームセンターの価格を比較してランキングにしてみました。1番安いのはここです!大型・小型・売上高は関係無しのガチンコ対決です

不織布にも寒冷紗にも防虫効果あるじゃん!じゃあ防虫ネットいらないんじゃない?と思われるかもしれませんが‥そんな事はありません

防虫ネットとは(防虫に最適)

防虫ネットのメリット

  • 光線透過率を選べるので季節により温度調節が出来る
  • 防虫能力は1番高い
  • 様々な色があるので幅広く防虫出来る。黒を選べば遮光も出来る
  • 通気性が高いのでネットの上から水やりが出来る
  • 耐久性は1番高い

防虫ネットのデメリット

  • 保温能力は1番低い
  • 価格は1番高価

アザミウマ対策をするため0.4mmの防虫ネットをおすすめします

アザミウマ
畑の天敵アザミウマを通れなくするために0.4mmをおすすめしたいです。ただ0.4mmの防虫ネットはホームセンターでは置いていないことが多いです。

一般的な防虫ネットは0.6mm~1.0mmになってしまいます。楽天市場Amazonなどの通販で購入しましょう。

それに0.4mmだと金額が高価になってしまうので、予算が合わない人は1mmくらいのを使うと安く済みます。

わんちゃん
0.4mmを使います
高価なので予算に合わせて選んで下さい
ねこまろ

防虫ネットは簡単に言うと虫除け出来る布ですが、防虫ネットの良い所は網目の細かさが選べる所です。

虫除けに特化しているので主に夏に使います。

虫が通れなくなる目合いの目安

目合い防虫が出来る虫の種類
0.4mmコナジラミ・アザミウマ
0.6mmハモグリバエ・キスジノミハムシ
1.0mmコナガ・アオムシ・カブラハバチ・ヨトウムシ
1.1mm~4.0mmモンシロチョウ・ヨトウガ・蛾

一般的には0.6mm~1.0mmを選ぶ方が多いと思います。

アザミウマ対策には赤い防虫ネットも効果があります

赤い防虫ネットはアザミウマに効果があるというのが研究でわかっています。

夏に多発し野菜を変色させたりウィルスを媒介させたりして花が奇形になったりして開花出来なくなってしまいます。

非常に厄介な虫なので発生したことがある場合は赤を使いたいです。ただホームセンターには置いていませんので通販で購入しなければなりません。

防虫ネットを使う季節について


上にも書きましたが主に夏に使うものですね。目は粗めの物が多いのでネットの上から水やりが出来ます。

目は粗めなので小さい虫は入ってしまいますが蒸れにくいのでネットをめくる回数が少なくて済むのが良いです。

ホームセンターでの防虫ネットの価格を比べてみました

防虫ネット1.35m×5m

会社名価格
カインズホーム748円
コメリなし
ビバホーム918円
セキチュー732円

防虫ネット1.35m×10m

会社名価格
カインズホーム1380円
コメリ1480円
ビバホーム無し
セキチュー1490円

防虫ネット1.8m×5m

会社名価格
カインズホーム980円
コメリ1080円
ビバホーム無し
セキチュー950円

防虫ネット1.8m×10m

会社名価格
カインズホーム1680円
コメリ1880円
ビバホーム2247円
セキチュー1922円

防虫ネットはカインズホームかセキチューで買うのが安いです。

他の農業資材の価格はこちらで紹介しています。
【おすすめ】全国ホームセンターの価格を比較してランキングにしてみました。1番安いのはここです!大型・小型・売上高は関係無しのガチンコ対決です

まとめ

春と秋は寒冷紗を使って、夏は防虫ネット、冬は不織布という使い方が良いと思います。

様々な色が選べて防虫に特化している防虫ネットを選びたい所です。

高価なので寒冷紗を選ぶ人が多いです。正直大きな違いは無いと思います。

野菜を作るのは大変なので宅配するとラクです。

合わせて読みたい

野菜
【最安値】野菜宅配の料金・特徴を7社で比較してランキングにしました!1番安くて良いのはここです

続きを見る


-園芸資材

© 2021 元ホームセンター店長の日常