レインウェア(かっぱ)の選び方をホームセンター社員が紹介します。

レインウェア
雪の季節がやってきました。雪かきする際にレインウェアは必需品ですね。梅雨の時期にも使うため一年中使う人も多いのではないでしょうか?

ホームセンターの花担当は雨や雪の日はレインウェアを着て作業をしなければなりません。特に梅雨の時期は、しょっちゅう雨が降るため花担当のは頭が下がります。

ある程度良いレインウェアを使わないと、すぐに雨が中に入ってくるので安すぎるのは購入しない方が良いです。

レインウェアの種類

大きく分けて2種類あります。

スーツタイプ

上下に分かれていて一般的なタイプです。全身覆えるので濡れにくく、おすすめできるタイプです。外作業全般に使用できますし、釣りや登山などにも使えます。万能なので、特にこだわりがなければスーツタイプが良いです。

レインコートタイプ

コートのように上だけが覆えるタイプです。簡単に着れるので少しの間だけ外に出る時に良いです。ただ下半身は濡れてしまうので、長時間着るのは辞めましょう。なので、特にこだわりがなければスーツタイプが良いです。

 

耐水性で選ぶ

1番低いタイプ2000mm~

30分程度なら大丈夫だが、長時間の作業には向かない。
緊急の時だけ購入するようにしましょう。すぐに水が染み込んでしまうため、おすすめ出来ません。
価格は3000円~

一般的なタイプ10000mm~

散歩や普通に作業するだけなら、これで十分です。一般的な仕事なら、これで大丈夫です。私はこのタイプを持っていますが8時間程度なら問題無く使用出来ました。水が染み込んでくることも無かったです。ホームセンターで仕事をするなら最低このくらいの性能が無いと、体が濡れて風邪をひいてしまいます。
価格は5000円~

高性能タイプ15000mm~

プロ仕様のタイプです。ここまで来ると外でランニングをすることも出来ます。長時間激しい運動をしても大丈夫です。
価格は10000円~

 

レインウェアは手入れをしっかりしましょう。

使ったあとに乾かすのは、もちろんなんですがキチンと洗って乾かさないとボロボロになってしまいます。

ホームセンターの場合は使った後は、外水道に付いているホースリールのシャワーで洗っています。(本来は花に水をあげる用)
家庭でもホースリールがあるなら、これが1番簡単です。

 

このページに書いてある事で被害にあわれても一切の保証は出来ないので、ご了承下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)