引っ越し・不要品回収

【最安値】「解体の窓口」を選ぶ理由6選と見積もり手順を元ホームセンター店長が解説!おすすめはここです

こんな悩みがある方向けの記事です。

  • 家を解体したいけど、相場はどのくらいだろう?
  • どこの解体業者が良いかわからない
  • 価格を比較したいけど、しつこく営業されそうで不安

しかし「解体の窓口」なら、そんな心配はありません。

その理由を元ホームセンター店長が解説します。

地域によっては、解体費用に国から助成金もでるため、今がチャンスです。

【完全無料】
「解体の窓口」とは?

業界初・逆オークション方式を採用している、解体工事見積サービスです。

相場と最安値を比較して選べるので、どのくらいお得なのかわかった上で注文できます。最安値の企業がどこか、一目瞭然です。

Webで一気に詳細見積もりが出せるので、店舗へ行く必要がなく時間がかかりません。お客様満足度No1(95%)で安心して利用できます。

詳細
実績お客様満足度No1
価格で選ぶならここだNo1
登録業者800社以上
対応エリア47都道府県
キャンセル料無料

 

【理由1】
最短30秒で最安値がわかる

最安値

業界初の逆オークション方式採用で、最適価格を提案してくれます。

複数の業者から入札があるため、より最適な価格の見積もりを集めることが可能。 最安値の企業がどこか、一目瞭然です。

信頼できる業者のみ!登録している業者はすべて損害賠償保険に加入済み。 また、過去に問題のあった業者はオークションに参加できません。

厳しい基準を満たした800社のみ加盟しています。

【理由2】
見積もりサイトで2冠を獲得

  • お客様満足度No1
    ユーザー満足度95%。
    ゼネラルサーチ調べ(解体工事見積もりサイト10社を対象にしたサイト比較イメージ調査)
  • 価格で選ぶならココだ!No1
    株式会社ショッパーズアイ調べ。(解体工事一括見積もりサイト9サービスを対象としたサイト比較イメージ調査)

の2冠に輝いています。

更にサービス開始から1年で希望者数が5,000人を突破している、急成長サービスです。

【理由3】
業者の現地訪問が不要

業界初!画像診断機能を用いて、業者の現地訪問が不要です。

見積もりに必要な写真をアップすることで、現地見積もりを不要に! 大幅に手間を削減できます。

現地訪問が不要で見積もりが出るため、日程調整の手間が不要です。

【理由4】
しつこい営業電話一切なし!

個人情報が業者に知られることはありません。

業者からのしつこい営業は一切ありません。ただ「解体の窓口」からは電話がかかってきます。

メールのみでやり取りも可能です。その場合、申し込み時の入力フォームにメールでやり取りしたい旨を伝えましょう。

【理由5】
キャンセル代行無料

見積もり内容に納得がいかない場合は、「解体の窓口」がキャンセルを無料で代行してくれます。

大量の業者に連絡する必要がないため、非常にラク。

私みたいに気弱な人におすすめです。

【理由6】
解体後も相談可能

解体後の土地や建物の処分から法律・税金まで、 あらゆることの相談に載ってくれます。

一口に解体と言っても、他にやることが、たくさんあります。それを相談可能なのは、非常に心強いです。

やることの一例

step
1
仮住まいを探す

建て替える場合は、仮住まいが必要になります。

短期契約可能な賃貸マンションなどを借りる方が多いですが、庭に新築の家を建ててから、解体する方も多いです。

先に建てることで、

  • 引っ越しを数日に分けてゆっくりできる
  • 距離が近いので引っ越し費用が安くすむ
  • 仮住まいの家賃等の経費がかからない

などのメリットがあります。

step
2
解体業者を決める

必ず複数の業者から見積もりを取得しましょう。

最安値で信頼できる業者を見つけやすくなります。

「解体の窓口」なら、無料で700社以上の業者から、見積もりを取得できます。

step
3
引っ越しする

家の中に物が少ないほど、工期が短く解体料金も安くなります。

「木で出来たイス」など、一部残しておいて良い物以外は、移動するか処分しましょう。

step
4
届け出を提出する

必要な申請を、しっかり行うようにしましょう。地域によっては助成金がでる可能性があるので、合わせて確認しましょう。

一例

  • ガス・電気・インターネットの停止
  • 建物の滅失登記申請

step
5
近所に挨拶する

工事が始まると、騒音や粉塵などで迷惑をかけてしまいます。

クレーム防止のため、工事前に挨拶をして説明しておきましょう。

step
6
お祓いをする

お世話になっている神社に問い合わせて、お祓いをしておきましょう。

ただ必須ではありません。

step
7
解体工事開始

解体工事を始めるまでに、こんなにやることがあります。

「解体の窓口」なら気軽に相談可能です。

実際にかかる費用の目安

東京都渋谷区の解体事例

詳細
住所東京都渋谷区
費用仮設工事費 1,500,000
解体費 1,400,000
廃棄処分費 1,500,000
外構撤去費 40,000
諸経費 230,000
合計 4,670,000
住宅木造
建坪100坪
工事期間30日

神奈川県横浜市の解体事例

詳細
住所神奈川県横浜市
費用解体費 990,000
養生費 120,000
ブロック撤去費 155,000
植栽撤去費 220,000
アスベスト検体日 50,000
重機回送費 36,000
現場管理費 50,000
合計 1,621,000
住宅木造
建坪30坪
工事期間10日

埼玉県横瀬町の解体事例

詳細
住所埼玉県横瀬町
費用仮設工事費 1,800,000
車庫解体費 100,000
上下水道費 150,000
重機運搬費 50,000
安全管理費 300,000
合計 2400,000
住宅木造
建坪45坪
工事期間20日

千葉県山武市の解体事例

詳細
住所千葉県山武市
費用足場養生費 190,000
内装解体・処分・運搬費 389,000
解体・処分・運搬費 730,000
基礎撤去・処分費・運搬費 300,000
ガードマン常用費 200,000
現場管理費 50,000
重機回送費 50,000
諸経費 35,000
合計  1,944,000
住宅鉄骨造
建坪80坪
工事期間40日

茨城県土浦市の解体事例

詳細
住所茨城県土浦市
費用解体費 1,400,000
シート養生費 130,000
ブロック撤去費 45,000
重機回送費 50,000
諸経費 50,000
合計 1,675,000
住宅鉄骨造
建坪45坪
工事期間20日

出典:「解体の窓口」公式サイト

無料見積もりの手順

step
1
建物の種類を選ぶ

公式サイトへ行って建物の種類を選びます。

  • 住宅
  • アパート
  • ビル
  • 店舗
  • その他

以上5つから選びます。

step
2
建物の構造を選ぶ

  • 木造
  • 鉄骨造
  • 鉄筋造
  • その他

以上4つから選びます。

step
3
建坪面積を選ぶ

「~10坪」~「301坪以上」から選択します。

わからない場合は、土地の謄本や測量図を見ましょう。

無い場合は、法務局で入手できます。

step
4
もう1度建坪面積を選ぶ

正確な建坪面積を選択します。

step
5
解体後の利用方法を選択

  • 建替え
  • 売却
  • 駐車場
  • 返却する
  • そのままにしておく
  • その他

以上6つから選択します。

step
6
解体希望時期を選択

  • 1ヶ月以内
  • 2ヶ月以内
  • 3ヶ月以内
  • 3ヶ月~半年以内
  • 半年~1年以内
  • 1年以上先

以上6つから選択します。

step
7
自宅前の道路幅を選択

  • 4m以上(車のすれ違い可能)
  • 4m未満(車のすれ違い不可)

以上2つから選択します。

step
8
隣の家との距離を選択

  • 60cm以上(足場設置可能)
  • 60cm(足場設置不可)

以上2つから選択します。

step
9
物件の場所を入力

解体予定の建物の

  • 郵便番号
  • 都道府県
  • ご住所

以上3点を入力します。

step
10
アンケートを入力

当てはまる項目にチェックを入れて

  • その他ご質問・ご相談
  • ご相談内容について、連絡のとりやすい時間帯

以上2つを入力します。

メールのみでやり取りしたい場合、ここに記入しましょう。

管理人
ここは任意の項目のため、記入無しでも大丈夫です

step
11
連絡先を入力

  • お名前
  • 電話番号
  • メールアドレス

以上3点を入力します。

管理人
業者から連絡が来ることはありません。ただ「解体の窓口」からは電話がかかってきます

メールのみでやり取りしたい場合、step10の「その他ご質問・ご相談」の項目に、その旨を記入しましょう。

これでWebでの入力は完了です。

step
12
メールで簡易的な見積もり結果が届きます

その後

  • 物件の写真を撮影してメールで送信。
    スマホ撮影がOKなので簡単です。
  • 逆オークション形式で入札が行われて、工事費用が提示。
    800社以上から、「解体の窓口」が選んだ業者のみに限定して入札されるので、安心です。
  • 工事費用に納得したら契約。
    もしキャンセルしたとしても、キャンセル料は無料です。業者へは「解体の窓口」が伝えてくれます。

これで完了になります。

まとめ

完全無料・最短30秒で見積もりできる、「解体の窓口」を1度検討してみてはいかがでしょうか。

キャンセル料も無料のため、気軽に見積もりできます。

 

 

-引っ越し・不要品回収

© 2022 元ホームセンター店長の日常