鍵について

【玄関をオートロックにしたい】スマートロックを6社で比較しました!おすすめはこれです

玄関の鍵を開けたり閉めたり、面倒くさくないですか?

そんな時はホテルであるようなオートロックみたいにすると、簡単に開け閉めすることが可能です。

後付けで設置することも可能で、工事不要な商品もあり、1万円代から手軽に導入可能。

鍵の閉め忘れや、防犯対策にも有効なスマートロックを比較しました。

業者に取り付けてもらいたい場合は、こちらの記事も参考にどうぞ。

合わせて読みたい

鍵穴
【最安値】鍵トラブルの料金を8社で比較してランキング!おすすめの業者はここです!口コミあり

続きを見る

【第1位】ドアに近づけば自動で解錠
「Qrio Lock」がおすすめ

スマートフォンでカギを操作できるスマートロックです。単にスマートフォンでカギを操作するだけではなく、家のカギに便利と安心をプラス。

ポケットやバッグにスマートフォンが入っているだけで、ドアに近づけば自動で解錠し、ドアが閉まればオートロックします。

スマートフォンを持っていないとオートロックにならないため、外に締め出されることもありません。

工事不要で両面テープで設置可能。

詳細
価格25300円(税込)~
設置可能なドアほとんどのドアに取付可能
工事不要◯(両面テープで設置)
ハンズフリー解錠
オートロック

 

【第2位】最安値
「セサミ mini」

スマホからの操作が可能で、履歴管理などができ、手ぶら解錠やオートロック施錠も可能です。

合い鍵だってスマホから渡せます。

鍵の開閉履歴はアプリで閲覧可能。

CANDY HOUSEオリジナルNFC(別売)を使って、アプリを開かなくても簡単に施錠・解錠が可能。

スマホアプリからの操作はもちろん、Amazon AlexaやGoogle Home(こちらとの連携にはWiFiモジュールが必要です)、Siriからの操作も可能。

詳細
価格5080円(税込)~
設置可能なドアほとんどのドアに取付可能
工事不要◯(ネジ止め)
ハンズフリー解錠
オートロック

 

【第3位】安心のLIXIL製
「後付けオートロックES」

・リモコンボタンで、上下2つのカギが同時に、離れた位置からでも開け閉め可能。

・オートロック設定にすれば、自動で施錠することができます。 (手で開けた場合はオートロックにはなりません)

・面倒や設定は不要。取り付けて、電池をセットすればすぐご使用できます。 (アプリでユーザー登録 や Wi-Fi との接続 必要ありません) < 取付は しっかりカンタン ネジ止め固定 >

・今あるサムターンを取り外し、同じネジ山を使用して本体をしっかり固定。玄関ドアへの穴あけは不要です。 < 安心・安全セキュリティ>

・自動車と同じ通信技術を使用した安定の通信品質(自動車とは通信方法が違うので、リレーアタックはうけません)

詳細
価格16852円(税込)~
設置可能なドア公式サイトで確認可能
工事不要◯(ネジ止め)
ハンズフリー解錠
オートロック

 

【第4位】
bitlock MINI

業界唯一のサブスク

国内累計販売台数ナンバーワン(ESP総研調べ、21年9月現在)のスマートロックシリーズ「bitlock」の最新製品。
工事不要・取り付けカンタンな新しい仕組み。スマホでおうちのカギを操作。
カギから始まる、新しい暮らし体験!

◆おすすめポイント◆
【業界唯一のサブスクモデル】
初期費用ゼロ・月額550円もしくは年額5,980円を選べるサブスクリプション型の料金体系。
高価の買い切りタイプの製品より利用開始のハードルが低い!

【サブスクならではのサポートサービスをご用意】
・バッテリーが切れる前に交換用の電池をお届け!
・万が一故障の場合は無償で本体を交換可能!

【工事不要、取り付けカンタン】
玄関のカギに付属の両面テープで張るだけなので工事不要。
きれいに剥がせるので賃貸住宅でも使用可能。

【スマホは家のカギになる】
専用アプリのhomehubでbitlock MINIの解施錠を操作。

【オートロックで安心】
扉が閉まるのを検知して自動で施錠ので、カギの締め忘れの心配なし。

【手ぶら解錠で便利】
スマホやカギはバッグに入れたまま、ドアに近づくと自動で解錠。

【アプリで履歴を確認】
homehubアプリで誰がいつカギを開けたのか履歴の確認ができる。

【家族や友達とアプリでカギをシェア】
カギを開けられる時間帯や回数を指定でき、セキュリティも安心。

詳細
価格月額550円(税込)~
設置可能なドア公式サイトで確認可能
工事不要◯(両面テープで設置)
ハンズフリー解錠
オートロック

 

【第5位】
EPIC(ES-F500H)

販売数27万台突破


自宅の鍵が古くなったきたけれど、なかなか交換が難しい場合は既存の鍵はそのままに、新たに穴を開けて後付けする形で電子錠を設置することをおすすめします。

ダブルロックでよりセキュリティを強化できます。

  • 電気錠と違い電池稼働なので、停電の際にも問題なく解錠ができる
  • 配線工事がいらないので、気軽に取り付けができる
  • 暗証番号やICカードなどの解錠でセキュリティを強化できる
  • 暗証番号・火災警報・火災時の自動解錠など、全てのEPIC電子錠に標準搭載されている便利な機能が沢山
  • 暗証番号対応・ICカード対応・指紋認証対応と、様々な解錠方法の電子錠を展開
詳細
価格52580円(税込)~
設置可能なドアほとんどのドアに取付可能
工事不要✕(穴あけが必要)
ハンズフリー解錠
オートロック

 

【第6位】
「NinjaLock2」

カンタンに取り付けができる据え付け型のスマートロックです。設置には、扉の追加工や大規模な工事は発生しません。

通常のオートロックに加えて、タイマーオートロック機能を搭載。解錠と施錠を好きな時間に指定できます。

専用のスマートフォンアプリ、暗証番号、ICカード。NinjaLockMは、用途に合わせた解錠方法が選べます。

詳細
価格41800円(税込)~
設置可能なドアほとんどのドアに取付可能
工事不要◯(ネジ止め)
ハンズフリー解錠
オートロック

 

業者に取り付けてもらいたい場合は、こちらの記事も参考にどうぞ。

合わせて読みたい

鍵穴
【最安値】鍵トラブルの料金を8社で比較してランキング!おすすめの業者はここです!口コミあり

続きを見る

 

-鍵について

© 2022 元ホームセンター店長の日常