肥料・農薬

【写真付き】クチナシにつく害虫と駆除できる殺虫剤を元ホームセンター店長が解説!おすすめの農薬はこれです

ねこまろ先生

元ホームセンター店長
店舗運営の経験を活かし、鍵・水回り・園芸・DIY・害虫駆除などの悩みを解決する方法を発信しています。
当サイトは年80万PV(プロモーションが含まれている記事があります)

こんな方におすすめ

  • クチナシに害虫がついてしまって困っている…
  • 園芸用の殺虫剤を買いたいけど、どれを買えば良いかわからない…
  • 幅広い害虫に効果がある殺虫剤が知りたい。

そんな人のために今回はクチナシに使える殺虫剤を害虫ごとに比較しました。お役に立てれば嬉しいです。

オオスカシバ

詳細
発生原因 ・成虫が作物に卵を植え付ける
対策 ・殺虫剤をまく
・捕殺する

オオスカシバは、年に1 - 2回、夏に発生します。スズメガの多くは夜に活動するが、オオスカシバは昼に活動するので人の目につきやすいです。様々な花を訪れ、ホバリングしながら蜜を吸います。ただし、オオスカシバの口吻は2 cmほどで、それ以上深い構造をもつ花からは蜜を吸うことができません。

幼虫はクチナシを食草としていて、都市部でも見る機会が多いです。食草のクチナシはあまり大きい木ではないので、幼虫の数によっては葉が食べられて丸坊主になってしまうこともあります。成長した幼虫は地表に降り、落ち葉などをつづって荒い繭を作り、蛹になります。冬は蛹で越冬します。

殺虫剤は幅広い害虫に効く
「ベニカケムシエアゾール」がおすすめ


ベニカケムシエアゾールは、庭木や花木に発生した毛虫やオオスカシバ幼虫、チャドクガ、アブラムシなどを駆除するスプレー(農薬)です。

速効性と2週間の持続性(アメリカシロヒトリ・若令~中令幼虫)があり、散布後に発生した害虫も退治します。大きく成長したチャドクガ(老令幼虫)にも効果的です。

詳細
種類 殺虫剤(スプレータイプ)
効果 害虫予防・殺虫効果
使える野菜・果物
(-)
-
使える花木
(6種類)
まさき・つづじ類・くちなし・さんごじゅ・さるすべり・樹木類
退治できる害虫
(6種類)
アブラムシ類・オオスカシバ・ケムシ類・サンゴジュハムシ・ツツジグンバイ・ミノウスバ
予防・治療できる病気
(0種類)
-
製造元 住友化学園芸

合わせて読みたい

レンタル畑
【手ぶらでOK】畑のレンタルサービスを3社で比較しました!おすすめはここです!

続きを見る

-肥料・農薬

© 2024 元ホームセンター店長の日常