【どれを使えば良いの?】肥料の種類についてホームセンター社員が紹介します。

こんにちはカピ吉かぴまろです!

家庭菜園をするにあたって、どの肥料を使えば良いのか迷っている人はいませんか?専用の肥料を使えば良いんだけど高価だし、何か他のは無いの?と思っている人も多いかと思います。

そんな貴方へ今回は肥料の選び方を紹介します。
ホームセンターで肥料や培養土の販売価格を比較してランキングにしてみました。1番安くておすすめなのはこの店です。

おすすめ!肥料・堆肥・資材を安く買う裏技をホームセンター社員がコッソリ教えます。値段を比較する際の参考にどうぞ

【迷ったらこれ!】1番人気なのは国産高度化成14-14-14です

あらゆる作物に使える万能化成肥料です。
窒素・リン酸・カリが14%づつ配合されています。
広告に載ることも多くてセールをしていることも多い一般的な肥料です。もし迷ったら、この肥料にするのが良いです。
窒素・リン酸・カリがバランス良く配合されているので使いやすいです。

【初心者向け】ワンアップ8号8-8-8

初心者向けの化成肥料です。
窒素・リン酸・カリが8%づつ配合されています。初心者の場合は14-14-14だと散布しすぎてしまうのです。なので肥料過多になり作物が枯れてしまう原因にもなります。
なので初心者の場合は窒素・リン酸・カリの配合量が少ないワンアップ8号がオススメです。

【水稲用といえば!】水稲一発タイプめちゃ楽


被覆尿素と化成を配合した一発タイプの肥料です。一発タイプなので元肥として散布すれば基本的には追肥がいらないです。
120日かけて、ゆっくりと効くので効果が長持ちします。

【安い肥料といえば!】けいふん

ホームセンターで購入すれば15kgで120円と安い価格が最大の売りです。家庭菜園からプロの農家さんまで幅広く使われています。
ただ匂いがするので気になる人は化成肥料を使いましょう。

【芋や豆に使うなら】いもまめ化成肥料

芋類や豆類の専用肥料です。これじゃなくてもホームセンターには専用の肥料が販売されています。
化成肥料14-14-14でも良いとは思いますが、やはり専用の肥料を使ったほうが美味しく作れますよ。

【美味しさ重視】楽農一発肥料


写真はコメリさんのです。
被覆尿素と化成を配合した一発タイプの肥料です。一発タイプなので元肥として散布すれば基本的には追肥がいらないです。
120日かけて、ゆっくりと効くので効果が長持ちします。
一発タイプは最近人気のタイプです。
①ネギ類・ニラ・アスパラ専用
②果菜類用
③ネギ・たまねぎ・ニンニク専用
④トマト・ナス・キュウリ・ピーマン専用
⑤じゃがいも・根菜類用
と色々な種類があるので、何を作るにも楽農一発シリーズを購入しておけば良いと言えるほど幅広く対応しています。

【果樹全般に使うなら】NEW果樹エース

果樹全般に使えるので幅広く使えます。これ1つの購入しておけば大丈夫なほどです。硫酸カリを配合しているので土壌酸性化しにくい肥料になります。
ただ資金に余裕があるならナシ専用やブドウ専用肥料など専用肥料を使いましょう。

【果樹を甘くしたいなら】かに作クイーン

高級なカニガラを使用しています。土壌の改良効果や作物の予防効果も期待できます。有機100%なのでゆっくりと効きます。

ホームセンターで肥料や培養土の販売価格を比較してランキングにしてみました。1番安くておすすめなのはこの店です。

おすすめ!肥料・堆肥・資材を安く買う裏技をホームセンター社員がコッソリ教えます。値段を比較する際の参考にどうぞ


このページに書いてある事で被害にあわれても一切の保証は出来ないので、ご了承下さい。